アレだけは注意したい。外国人の前で言わない方がいい「裏ワード」

Array
2022/08/27

「ピーナッツ」は安月給の意味!?

image by:Shutterstock.com

ナッツの次は、豆に関連して「ピーナッツ」についてです。ピーナッツは、もともと「pea(エンドウ)」と「nut(ナッツ)」を組み合わせた言葉といわれています。

そんなピーナッツにも裏の意味が隠されていて、「とても少額のお金」になるのです。例えば、「I get paid peanuts!(私のお給料は少ない!)」という感じ。

もともとピーナッツといえば豆類のなかでも比較的安価であるため、ピーナッツのために働く=安月給、という意味になるのだそう。

このように日本で当たり前のように使われている英単語のなかには、知られざる裏の意味が隠されているケースも少なくありません。もちろん普通に使う分にはなにも問題はないはずですが、時と場合によっては注意が必要ですね。

  • image by:Shutterstock.com
  • ※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。
  • ※本記事は新型コロナウイルス感染拡大時のお出かけを推奨するものではありません。新型コロナウイルスの海外渡航・入国情報および各施設の公式情報を必ずご確認ください。
いま読まれてます

元々インドア派だったはずが『恋する惑星』でウォン・カーウァイにハマり、初めての一人旅は上海へ。カメラ片手にどこへでも行くアクティブ旅女子になりました。現在は大学院に通いつつフリーライターとして、旅・アート・美容・ファッションをメインに活動しています。

エアトリインターナショナル 2024年はここが狙い目!海外旅行に行くなら穴場「ケアンズ」へ
アレだけは注意したい。外国人の前で言わない方がいい「裏ワード」
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます