旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

人気急上昇!運気アップに期待できる龍宮城のようなパワースポット「龍宮窟」

Array
2022/09/14

「龍宮窟」の楽しみ方は?

image by:Shutterstock.com

自然の不思議と美しさを体験できる龍宮窟。その楽しみ方は「実際に中に入ってみる」ことと「上から眺める」の2通り

龍宮窟には2つの遊歩道が設けられており、それぞれ違った美しい景色に出会えます。1つの場所で2通りの楽しみ方ができるのも魅力ですね。

龍宮窟には駐車場もありますが、数は多くありません。タイミングによっては開くのを待つ必要もあるので、時間には余裕を持って訪れてくださいね。駐車場のすぐ側に2つの遊歩道の入り口がありますよ。

1.まずは龍宮窟の浜辺へ!

image by:photoAC

まずは浜辺の方へ足を運んでみましょう。海の音と香りを楽しみながら、龍宮窟の名が掲げられた鳥居形の看板をくぐって階段を下って行きます。

手すりのついた階段を下っていくのですが、天井からの水滴で濡れていて滑りやすいので十分に気をつけてくださいね。必ず歩きやすい靴で訪れましょう。洞窟へと続く入り口が、すでにアニメに登場しそうな神秘的な雰囲気です。

洞窟を下っていくと丸く切り取られた光が見えてきます。こんな重厚な洞窟の先にどんな絶景が広がっているのかとワクワクが止まりません!階段を降りるスピードも少し早くなってしまいます。

光の先に現れるのは、ぐるりと崖に囲まれた小さく美しい浜辺!切り立った崖の中にある不思議な浜で、目の前には海へと続く窓のような崖の切れ目が見られます。

上を見上げるとそこは光の差し込む青い空。こんなに美しく神秘的な風景がすべて自然に生み出されたものだなんて感動してしまいます。

2.浜辺を上から見てみよう

image by:Shutterstock.com

浜で洞窟の迫力を堪能した後に続いて、洞窟の上から浜辺を見てみましょう。龍宮窟はもう1本の遊歩道が整備されており、そちらは洞窟の上を歩けるようになっています。


洞窟の上を歩くという体験もとても珍しいですが、その景色も人気の秘密。龍宮窟の浜辺は上からのぞいてみると、ハート型に見えるんです!

波で削られた洞窟が丸い形になり、しっかりとハート型に見えます。パワースポットと呼ばれる所以ですね。美しい景色のなかに現れる大きなハート型は、確かに見ているだけで運気がアップしそう。思わず笑顔になってしまうこと間違いなしですよ。

洞窟の上の遊歩道からはエメラルドグリーンに輝く海や自然によって作られたサンドスキー場が見渡せます。さらには「龍宮神社(龍王社)」の小さなお社もご鎮座しているので、運気アップをお祈りしては?

  • 龍宮神社(龍王社)
  • 静岡県下田市田牛444

3.サンドスキーを満喫するのもおすすめ

image by:Shutterstock.com

龍宮窟でパワーをチャージしたあとにおすすめなのが、お隣にある「田牛サンドスキー場」です。傾斜30度の砂の丘は、なんと天然もの!砂が海風によって巻き上げられ、積み上がり、流れ落ち、この角度を保っているのだそうです。

サンドスキー場ではソリの貸し出しも行われており、手ぶらでも大丈夫!サンドスキーは大人でも十分楽しめますよ。ぜひ立ち寄ってみてくださいね。

「龍宮窟」へのアクセスは?

龍宮窟があるのは静岡県下田市田牛の海沿いです。アクセスは車かバスのどちらかですが、バスは本数が少なくアクセスが良いとはいえません。車でのアクセスをおすすめします。最寄りの伊豆急下田駅から、タクシーを利用するのもおすすめです。

駐車場は約15台ほど。夏以外は無料で利用でき、夏の間も1回500円とお手ごろ価格で利用できます。

駐車場は満車のこともありますが、回転率が良いので少し待てば駐車できるでしょう。見学時間はサンドスキー場へ立ち寄らないのであれば1時間もあれば十分楽しめます。

神秘的な名前に負けない絶景スポット「龍宮窟」。伊豆旅行の際にはドライブがてら訪れたいパワースポットです。

波の音を聞きながら摩訶不思議な絶景を楽しみ、美しい海を目にすれば日ごろのストレスも吹き飛んでしまうはず!伊豆旅行でぜひ龍宮窟を訪れてみてはいかがでしょうか。

  • 参考:スタジオジブリ公式サイト「Q&A」,「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」(PDF)
  • image by:Shutterstock.com
  • ※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。
  • ※本記事は新型コロナウイルス感染拡大時のお出かけを推奨するものではありません。新型コロナウイルスの国内・各都道府県情報および各施設の公式情報を必ずご確認ください。
いま読まれてます

元々インドア派だったはずが『恋する惑星』でウォン・カーウァイにハマり、初めての一人旅は上海へ。カメラ片手にどこへでも行くアクティブ旅女子になりました。現在は大学院に通いつつフリーライターとして、旅・アート・美容・ファッションをメインに活動しています。

人気急上昇!運気アップに期待できる龍宮城のようなパワースポット「龍宮窟」
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます