旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

日本に来た中国人が、母国との違いに思わずショックを受けたこと

Array
2022/09/10

コンビニの品数がめっちゃ多い!

image by:Unsplash

スーパーのお惣菜コーナーにはいろんなグルメが陳列されていますが、「コンビニ」でも多国籍の料理が販売されていますよね。さらにコンビニはとても身近で、24時間営業のところが多いため、いろんなライフスタイルでも利用しやすいのが特徴です。

だからこそ中国出身の皆さんは、そんな日本のコンビニにカルチャーショックを受けたという声が多く聞こえてきました。

「中国のコンビニに、期間限定の商品はほぼないです。日本はカップ麺からアイスまで、季節に合わせた商品がたくさんあるし、それで季節を感じる楽しさがあるので嬉しい。定番ものが常にある感じです」(中国出身・20代)

「来日してから、日本のコンビニのグルメの種類にカルチャーショックを受けた!しかも24時間営業だし。中国のコンビニにも軽食は売られてますが、そんなに品数はないので」(中国出身・20代)

「日本のコンビニのように、中国のコンビニは品数はあまり多くないです」(中国出身・40代)

国が違えば、グルメや文化が違うことは当たり前。それでも中国から日本に訪れて、「スーパーのお惣菜が豊富で嬉しい!」「海外グルメの多さに感動した!」という声が聞こえてくるのは嬉しいですね。

ほかにも、さまざまな文化の違いはもっとあるはず。これからもお互いの文化を知ることで、新しい発見を探しながら、改めて日本ならではの魅力も見つめ直していきたいですね。

  • image by:IHOR SULYATYTSKYY/Shutterstock.com
  • ※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。
  • ※本記事は新型コロナウイルス感染拡大時のお出かけを推奨するものではありません。新型コロナウイルスの海外渡航・入国情報および各施設の公式情報を必ずご確認ください。
いま読まれてます

高校卒業から100カ国近くを旅した元バックパッカー。関西の編集プロダクションを経てフリーに。現在はタイを拠点にフリーの編集・ライターをしています。みんな、旅に出よう!

日本に来た中国人が、母国との違いに思わずショックを受けたこと
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます