旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

最大100万円の罰金も!日本人が海外で思わずやってしまいそうなNG行動

Array
2022/09/17

横断歩道がない場所を渡る/ハワイ

image by:Theodore Trimmer/Shutterstock.com

日本人旅行客が多く訪れていた場所はシンガポールだけではありません。アメリカの「ハワイ」も人気都市のひとつですよね。暖かい気候に美しい海、バケーション気分を気軽に味わえる海外といっても過言ではありません。

ただ、そんなビーチリゾートのハワイでもやってはいけないことがあります。それが、横断歩道以外の場所を歩くこと。日本でももちろん禁止されていることですが、ハワイでは「ジェイウォーク」といわれ、法律で禁止されています。

いくら自動車が通っていない場所だからといっても、横断歩道のない場所で横断すると罰金の対象になるので注意しておきましょう。

プラスチックの使用/インド

image by:Manoej Paateel/Shutterstock.com

実はインドは、プラスチックごみの規制がかなり厳しい国のひとつ。同国では2016年に「プラスチック廃棄物管理規則」を制定。ただし、一部の露天商や小売業者等に関しては、あまり浸透していませんでした。

そして2022年7月には、使い捨てプラスチック規制を厳格化。ストローやペットボトル、特定のプラスチック製の袋などの使用・販売等の禁止規則を厳しくすることを発表しました。

現地では、テイクアウトなどをするときに、カレーをビニール袋に入れて提供することがありましたが、今後どう変わっていくのでしょうか。

今回は、日本では当たり前だけど海外ではやってはいけないことについてご紹介しました。もちろんこれらのルール等は時代とともに変化し、今後また変わってくる可能性があります。

だからこそ現地を訪れる際は最新情報を参考に、そしてトラブルのないような行動を意識していきたいですね。

いま読まれてます

高校卒業から100カ国近くを旅した元バックパッカー。関西の編集プロダクションを経てフリーに。現在はタイを拠点にフリーの編集・ライターをしています。みんな、旅に出よう!

最大100万円の罰金も!日本人が海外で思わずやってしまいそうなNG行動
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます