日本に来た外国人が「めんどくさい!」と日常生活で感じたこと

Array
2022/11/19

銀行の通帳って必要?

image by:photoAC

最後にご紹介するのは、銀行の「通帳」について。日本では窓口で口座を開設すると、キャッシュカードだけでなく通帳も作りますよね。最近ではネットバンクの普及により、通帳が不要でウェブ上で気軽に確認することができます。

ただ、日本を訪れたニュージーランド出身者によると、銀行の窓口で「なぜ通帳を作らされるの…?」と疑問に思ったのだとか。

image by:ChameleonsEye/Shutterstock.com

「日本はテクノロジーやインターネットが発達した先進的な国だというイメージを持っていました。学力も高いし、いろんなことをインターネットで処理しているんだと思っていました。でも銀行で通帳を作らされることにビックリ。なんだかアナログだなと思ってしまいました」(ニュージーランド出身)

なんとニュージーランドの銀行には通帳がないのだそう。振り込みや入出金の明細等はすべてウェブ上で確認を行うのが一般的。ちなみに希望者に限り、取引履歴のレポートを自宅まで送ってもらうことは可能なのだそう。

image by:Ned Snowman/Shutterstock.com

ただ、このニュージーランド出身者によると、通帳は不要と思いながらも「お年寄りなどのネットやスマホ操作に慣れていない人にとっては、通帳はとても便利なものなのかもとコメントしていました。

たしかに全ての人がスマホの操作に慣れているとは限りませんよね。そう考えると少しアナログに感じる通帳かもしれませんが、多くの人の生活を支えているアイテムのひとつなのかもしれません。

このように来日した外国人の皆さんは、さまざまなカルチャーショックを受けながらも、日本での生活で新しい発見があった様子。もちろん母国で長く暮らしているとその生活に慣れているため、新しいことに戸惑うこともあるはず。だからこそ違いを知っていくのも、ひとつの楽しみなのかもしれないですね。

  • image by:Yulia Grigoryeva/Shutterstock.com
  • ※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。
  • ※本記事は新型コロナウイルス感染拡大時のお出かけを推奨するものではありません。新型コロナウイルスの海外渡航・入国情報および各施設の公式情報を必ずご確認ください。
いま読まれてます

高校卒業から100カ国近くを旅した元バックパッカー。関西の編集プロダクションを経てフリーに。現在はタイを拠点にフリーの編集・ライターをしています。みんな、旅に出よう!

エアトリインターナショナル コスパが高いLCC「ジェットスター」直行便でラクラク!ケアンズで大自然の癒やしを満喫しませんか?
日本に来た外国人が「めんどくさい!」と日常生活で感じたこと
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます