旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

ネッシーは本当にいた?未確認動物「UMA(ユーマ)」に会えるかもしれない名所

Array
2023/01/21

「モスマン」は宇宙人のペット?/アメリカ

image by:Shutterstock.com

ゲームやアニメ、映画の題材としても扱われるアメリカ発祥のUMAが「モスマン」。モス(蛾)マン(人間)の名の通り、人に蛾のような羽の生えた姿をしているとされるUMAです。

1966年にアメリカ・ウェストバージニア州で目撃され、以降引き続いて目撃情報があります。

「モスマン博物館」はオカルト好きの聖地!

image by:Gregory M. Davis Jr/Shutterstock.com

モスマン発祥のウェストバージニア州、ポイントプレザントにはなんとモスマンをテーマとしたミュージアム「モスマン博物館」が存在します。

目撃談をもとに作られた巨大な人形の展示や当時の新聞記事に加え、モスマンをテーマにした映画『モスマンの予言』の小道具なども展示されています。恐ろしい姿の銅像の前で記念撮影はいかがでしょうか?

UFO出没の聖地「ペニャ・デ・ベルナル山」/メキシコ

image by:Shutterstock.com

メキシコ最大のパワースポットと名高いベルナルはUFO目撃の絶えない場所。小さな田舎町ですが、メキシコシティから3〜4時間で訪れることができるのでショートトリップにもピッタリの場所です。

ベルナルはメキシコ国内でミステリーの村と呼ばれていますが、その理由がUFO目撃情報の多さ。パワースポットとしても知られる理由が、村のどこからでも見える「ペニャ・デ・ベルナル山」です。

迫力の一枚岩がシンボルの街

image by:LukeandKarla.Travel/Shutterstock.com

ベルナル村は、その村の姿を見てみると「あ、本当にUFOが来そう」と感じさせてくれる村です。

この村のシンボルとなっているのがペニャ・デ・ベルナル山。なんと一枚岩でできた巨大な山です。確かに宇宙から見ても見えそうなくらいの巨大さ。ペニャ・デ・ベルナル山を目印にUFOが来ているといわれても納得してしまいます。

カラフルでかわいい家々のバックに、巨大でゴツゴツした岩山がそびえる村の景色は唯一無二の美しい景色。メキシコ旅行の際にぜひ足を運びたい場所です。


ミステリーに包まれた旅もおもしろい!

今回は「UMA×旅行」という視点で、世界のミステリースポットをご紹介しました。世界は、まだまだ私たちの知らない生き物や、知らないこと・ものであふれています。

UMAだって実は本当に存在するものなのかも。次の目的地は、好奇心をそそるミステリーな場所にしてみませんか?いつもの観光地とは一味違う、おもしろい体験ができるかもしれません。

  • image by:Shutterstock.com
  • ※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。
  • ※本記事は新型コロナウイルス感染拡大時のお出かけを推奨するものではありません。新型コロナウイルスの海外渡航・入国情報および各施設の公式情報を必ずご確認ください。
いま読まれてます

大学時代にドイツへ1年間留学。卒業後は旅行・グルメ・恋愛系のライターとして活動中。大好きなハンバーガーとビールのために、休日はボルダリングとヨガで汗を流す。

お問い合わせ・お仕事のご依頼はこちら

ネッシーは本当にいた?未確認動物「UMA(ユーマ)」に会えるかもしれない名所
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます