京都の昭和レトロといえばここ。懐かしすぎて「好き」があふれる雑貨店巡り

Array
2023/08/14

ポップな絵柄の食器や家具、懐かしいキャラクターのおもちゃ、引き込まれるデザインの看板など……。令和の今、“昭和レトロ”ブームが人気急上昇中です。

今回は京都府内にあるレトロ雑貨店をご紹介します。「懐かしい!」と感じる人もいれば「見たことない、新しい」と感じる人もいるはず。全世代で楽しめる昭和レトロな世界をご堪能あれ。

昭和の世界にタイムスリップ!?懐かしい空間に癒される

【宮津市】レトロ雑貨クリームソーダ

image by:レトロ雑貨クリームソーダ

天橋立で有名な宮津市にある「レトロ雑貨クリームソーダ」は、古民家をリノベーションしたお店です。

もともとオーナーの寺尾さんが「天橋立・宮津ゲストハウス ハチハウス」を経営しており、宿の空いたスペースを有効活用しようと思い立ち、2020年にネット通販ができるレトロ雑貨のお店をオープンしました。

image by:レトロ雑貨クリームソーダ

寺尾さん自身が、レトロ雑貨が好きなこともあり、店内は1970~80年代の食器や家具をメインとした生活雑貨が並びます。

ポップな柄のホーロー鍋や、昔ながらの喫茶店で見かけるようなキラキラのガラスコップなど、思わず手に取ってしまうかわいいものがたくさん!古民家の雰囲気もプラスして昭和の時代にタイムスリップした感覚になりますね。

image by:レトロ雑貨クリームソーダ

「なかなか宮津に行けない」「行くのが少し先になるので、売り切れちゃいそう……」という方もご安心を。

お店の商品は通販やお取り置きが可能なんです!お店のInstagramでは商品をピックアップして紹介しているので、気になるものがあればお問い合せしてみてくださいね。

また、お店の名前でもある「クリームソーダ」は店内で提供しています。メロンやブルーハワイ、ストロベリー(各500円)のほか、季節のクリームソーダ(800円)も。


宿のオーナーでもある寺尾さんが観光のフォローもしてくれるそうなので、天橋立旅行の際はぜひ足を延ばしてみてくださいね。

■■INFORMATION■■

レトロ雑貨 クリームソーダ

住所:京都府宮津市字蛭子1104
電話:080-1430-3521
時間:13:00~16:00
定休日:日曜~火曜※月1回日曜の営業あり。Instagramにて確認
買取:買取り、引取り、出張見積もり可 InstagramのDMにて問い合わせ
Instagram

気に入ったら即買い必須!お手ごろ価格が並ぶリサイクルショップ

【福知山市】リサイクルショップ ぶらんこ山本

image by:リサイクルショップぶらんこ山本

福知山市にある「リサイクルショップぶらんこ山本」。レトロの文字が特徴的なお店に入ると、昭和のころによく見たであろうかわいらしい人形や食器、おもちゃが目に入ります。

こちらの店主・山本さんは、幼少期から祖父母が営むお店を見て育ちました。お店のお手伝いをしたり、問屋さんについて行ったりする中で、「自分のお店を開きたい」と思うようになったそうです。

image by:リサイクルショップぶらんこ山本

そして一旦は企業へ就職後も、開業を目指して準備を進め、2020年に念願のお店をオープンさせます。もともとレトロなものが好きということもあって、昭和レトロの商品をメインに置いています。

「お小遣いで買えるお店にしています」と語ってくれた山本さん。食器やおもちゃなどを買いやすい値段にすることで、品物のサイクルが早くなるのだそう。

なので、お店で見かけたものも1週間もすれば売れてしまっていることもあるので、ピンときたらすぐに購入するのがベストかも。

image by:リサイクルショップぶらんこ山本

ちなみに、店内にはレトロ雑貨のほかにも駄菓子を置いています。大人が子どもを連れてきた時、子どもはお菓子を選んで、大人はお買い物、なんてことも。

image by:リサイクルショップぶらんこ山本

山本さんにとってレトロ雑貨は「置いておくだけで心地がいいもの」なのだそう。「昭和レトロなものがあればぜひ売ってください。捨てるんじゃなく、次の人に渡していきたい」とのこと。来るたびに新しいものが増えているワクワク感とともに、お店をのぞいてみてください。

 ■■INFORMATION■■

ぶらんこ山本

住所:京都府福知山市石原1丁目28
電話:080-4016-4777
時間:10:00~18:00 
定休日:不定休(午後から開店の場合あり)
買取:出張買取可 ※要問い合わせ
Instagram

いま読まれてます
エアトリインターナショナル オーストラリアってどんな国?夏までに行きたい「気になる都市」を見つけよう!
京都の昭和レトロといえばここ。懐かしすぎて「好き」があふれる雑貨店巡り
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます