温泉、キャンプに登山まで!一日まるごと楽しめる栃木県「道の駅」5選

Array
2023/12/27

全国各地にある「道の駅」。その土地の特産品やお土産の購入はもちろん、グルメや景色を楽しんだりと近くに寄ったら必ず訪れたい場所です。趣向を凝らした道の駅はもはや観光地のひとつに数えても良いほど。

なかでも栃木県にはわざわざ訪れたい、特別な道の駅がいくつも存在するんです。今回は都心からのドライブにもぴったりな栃木県の特別な道の駅をご紹介します。

道の駅うつのみや ろまんちっく村/宇都宮市

image by:アラツク, CC BY-SA 4.0, via Wikimedia Commons

もはや道の駅と呼んでいいのか?そんな疑問が湧いてくるほど充実した施設が「道の駅うつのみや ろまんちっく村」です。

東京ドーム10個分という巨大な敷地の中にあるのは、道の駅定番の特産品の直売所やレストランだけではありません。なんと温泉やプール、ドッグラン、遊具、体験型農場に宿泊施設と、一大観光地さながらの充実ぶりです。

46haの滞在体験型ファームパーク」と名付けられたエリア内は、「里のエリア」「森のエリア」「集落のエリア」の3つに分けられており、それぞれ異なるアクティビティが楽しめます。

「集落のエリア」は地元の野菜や特産品が購入できる大きな市場やレストラン、宿泊施設や温泉スパなどが集まるエリア。「森のエリア」は10ヘクタールの広さを持つ「みのりの森」を中心に自然を満喫するエリアで、森のなかに散策路が設けられています。

そして、「里のエリア」は体験農場やファームが広がる場所。自然の恵みを目で見て味わって体験できる場所です。

温泉付きの宿泊施設もあるので家族での一泊旅行にもぴったり。温泉宿泊棟「ヴィラ・デ・アグリ」のスパ施設「アグリスパ」には、25m変形プール(屋内)をはじめ、サウナや歩行浴、ジャグジーまで揃っています。

image by:PR TIMES

見どころたっぷりなので、一日中いても飽きることはありません。食べ歩きを楽しんだり、森へ出かけたり、農業体験やパン作り体験を楽しんだりとさまざまな過ごしかたができますよ。


  • 道の駅うつのみや ろまんちっく村
  • 栃木県宇都宮市新里町丙254番地
  • 028-665-8800
  • 定休日:毎月第2火曜(祝日の場合は翌日)
  • 8:30〜18:00(一部施設によって異なる)
  • 公式ホームページ

道の駅きつれがわ/さくら市

image by:PR TIMES

温泉大国の日本で、島根県の斐乃上温泉、佐賀県の嬉野温泉と並び、三大美肌の湯に数えられる栃木県の「喜連川(きつれがわ)温泉」。

栃木県さくら市にある「道の駅きつれがわ」は、その喜連川温泉に浸かることができる特別な道の駅です。

施設内に広々とした内湯と源泉かけ流しの露天風呂を設け、さらに本格的なサウナと水風呂まで完備。湯上がりにはゆったりくつろげる休憩スペースで漫画・雑誌の読み放題やマッサージ機が使えたりと、スーパー銭湯さながらのサービスを楽しむことができます。

image by:とちぎフォトライブラリー

日帰り入浴はもちろん、足湯もあるので旅行途中のひと休みにもぴったり。温泉の利用料金は一回500円、足湯は無料と、リーズナブルな価格設定も魅力です。

施設内には農産物・特産品直売所やレストランのほか、キャンプやバーベキューが楽しめるエリアも。温泉とキャンプが一箇所で楽しめる道の駅なんてめずらしいですよね。

  • 道の駅きつれがわ
  • 栃木県さくら市喜連川4145-10
  • 028-686-8180(代表 直売所直通)/028-686-8181(温泉直通)
  • 定休日:第2・4月曜(祝日の場合は翌日)
  • 直売所9:00〜18:00/温泉10:00〜21:30(そのほか施設によって異なる)
  • 公式ホームページ

道の駅しもつけ/下野市

image by:とちぎフォトライブラリー

栃木グルメを存分に味わいたいなら下野市の新4号国道沿いにある「道の駅しもつけ」がおすすめです。

手作りのおいしいジェラートが自慢の「GELATERIA伊澤いちご園」に、自家製あんが味わえるたい焼き屋さんの「富次郎」、炊きたてのお米がいただける「釜戸ごはん 春夏秋冬食堂 gen-ten」など、ここだけのおいしい食事が目白押し。

常設のお食事処のほかに、キッチンカーが集まるエリアも設けられており、いつ訪れても新しい味に出会うことができます。テイクアウト商品もたくさんあるので、旅の途中に寄るのもいいですね。

物見塔 image by:photoAC

東平野が一望できる展望台「物見塔」からは、関東平野が一望できます。塔を一周するように設置されたすべりだいは子どもたちからも大人気。気軽にジェットコースター気分が味わえます。

  • 道の駅しもつけ
  • 栃木県下野市薬師寺3720-1
  • 0285-38-6631
  • 定休日:第1第3水曜日/1月1~3日
  • 直売・物産9:00~18:00/レストラン・軽食コーナー9:00~18:00
  • 公式ホームページ

道の駅たかねざわ 元気あっぷむら/塩谷郡

image by:photoAC

高根沢町の大地に包まれ、素敵な時間が過ごせるのが「道の駅たかねざわ 元気あっぷむら」。同施設は道の駅でありながら、グランピング施設キャンプ場を兼ね備えた施設です。

グランピングはホテルのように豪華なトレーラーハウスで、地元野菜をふんだんに使用したアメリカンスタイルのバーベキューを堪能することができます。

施設内には温泉施設もあり、大浴場に炭湯、寝湯とバラエティ豊かな温泉が揃っています。神経痛や疲労回復などに効果がある「高根沢温泉」につかり、自然に包まれた夜を過ごせば運転疲れも吹き飛んでしまうはず。

ほかにも、季節に合わせたイベントやお祭りなど、ここでしか味わえない楽しみが盛りだくさんです。

  • 道の駅たかねざわ 元気あっぷむら
  • 栃木県塩谷郡高根沢町上柏崎588-1
  • 028-676-1126
  • 定休日:休館カレンダー参照
  • 10:00〜21:00
  • 公式ホームページ

道の駅 湯西川/日光市

image by:photoAC

秘湯と呼ばれる湯西川温泉に入れる道の駅が「道の駅 湯西川」。源泉かけ流しの天然温泉は、展望風呂や足湯に岩盤浴も完備しています。美しい景色の中で入る温泉は格別ですよ。

同施設は湯西川温泉駅と直結しているほか、栃木百名山のひとつに数えられる「葛老山」の登山口もあります。

image by:photoAC

第3駐車場付近に登山口があり、景色を楽しめる送電線鉄塔までは約40分ほど。さらに約1時間20分ほど登ると頂上に到着するので、登山初心者のかたにも歩きやすくておすすめです。登山の後に、温泉に入って疲れを癒すのもいいですね。

地元のグルメがいただけるお食事処には、鹿肉や日光名物の湯葉を使ったメニューなど、この地ならではの食事が用意されています。

  • 道の駅 湯西川
  • 栃木県日光市西川478-1
  • 0288-78-1222
  • 定休日:不定休
  • 旅の情報ステーション・売店9:00~17:00(施設によって異なる)/温泉施設10:00~20:00
  • 公式ホームページ

今回は栃木県でぜひ訪れたい道の駅5選をご紹介しました。

栃木だからこそできた、温泉にグルメに自然が楽しめる特別な道の駅。ドライブの目的地としてはもちろん、日帰り旅行にもおすすめです。お出かけに最適な栃木の道の駅へ、ぜひお出かけしてみましょう。

  • image by:photoAC
  • ※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。
いま読まれてます

元々インドア派だったはずが『恋する惑星』でウォン・カーウァイにハマり、初めての一人旅は上海へ。カメラ片手にどこへでも行くアクティブ旅女子になりました。現在は大学院に通いつつフリーライターとして、旅・アート・美容・ファッションをメインに活動しています。

エアトリインターナショナル 2024年はここが狙い目!海外旅行に行くなら穴場「ケアンズ」へ
温泉、キャンプに登山まで!一日まるごと楽しめる栃木県「道の駅」5選
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます