韓国旅行に安く行くなら?ソウル「仁川・金浦空港」の上手な使い分け方

Array
2023/11/11

韓国・ソウルで“空の玄関口”としてよく知られるのが、「仁川(インチョン)国際空港」です。しかし、ソウルにはもう1つ、「金浦(キンポ)国際空港」があり、どちらの空港にも日本と韓国を結ぶ直行便が飛んでいます。

東京や大阪であればどちらの空港も利用できるので、運賃やニーズに応じて使い分けるのがおすすめ。

今回は、渡韓の度に目的に合わせて2つの空港を使い分け続ける筆者が、それぞれの空港の特徴や交通アクセスの利便性など、旅のプロならではのおすすめの使い方をご紹介します。

仁川空港と金浦空港、ソウル中心部に近いのはどっち?

仁川国際空港へ向かう空港リムジンバス image by:2p2play/Shutterstock.com

まず、空港の立地から。ソウル中心部から近いのは「金浦国際空港」です。

一方、仁川国際空港はソウル市内から西へ約48kmほど西へ進んだ仁川市にあり、この両空港は、距離にして約33kmも離れています。

空港からタクシーを利用するとなると、距離が長くなるぶん運賃が高くなりがち。タクシーは金浦空港からが圧倒的に安く、仁川空港からだとやや高額です。

ソウル駅の空港鉄道(A’REX)乗り場入口 image by:Ng KW/Shutterstock.com

鉄道利用の場合。仁川からソウル中心部へ向かう方法が空港鉄道(A’REX)のみなのに対し、金浦には地下鉄5号線・9号線が通っています。5号線は麻浦や光化門、9号線は汝矣島や高速バスターミナルなどを通り、いずれも便利な路線です。

一方、空港からソウルの人気観光地、明洞(ミョンドン)までリムジンバスを利用した場合の所要時間は、金浦出発が約60分仁川出発が約70~90分と、実はそれほど変わりません。韓国は、リムジンバスが非常に使い勝手が良いです。

LCCの便数が多く、航空券がリーズナブルなのは?

金浦空港の出発案内(国内線)image by:yllyso/Shutterstock.com

金浦からの発着便は、韓国の国内線と一部の国際線のみ。その一部に含まれる日本との直行便は、羽田空港(東京)と関西空港(大阪)だけです。その他はすべて仁川発着になります。


航空券の値段は、ソウル中心部に近い分、金浦のほうがやや高い傾向。特に、羽田-金浦便はビジネス利用がとても多いです。金浦から韓国国内線へ乗継する際も、金浦便が便利。

一方、仁川発着は、金浦よりもリーズナブルです。日本と韓国のLCC(格安航空会社)の便は、チェジュ航空の大阪-金浦便を除き、すべて仁川発着。成田便、その他地方路線なども同様です。

いま読まれてます
エアトリインターナショナル オーストラリアってどんな国?夏までに行きたい「気になる都市」を見つけよう!
韓国旅行に安く行くなら?ソウル「仁川・金浦空港」の上手な使い分け方
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます