1位は中町綾…Z世代の女子が選ぶ、本当は友達になりたい有名人ランキング

Array
2024/06/19

入学や進級、新社会人としての入社など、新しい世界がスタートして早数カ月、そろそろ迎える夏に向けて、さらなる「出会い」が増えてくる季節です。「こんな友達が欲しいな」と胸を躍らせている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、Z世代を対象としたシンクタンク組織『Z総研』が発表した「友達になりたい有名人」ランキングをご紹介します。1995年以降生まれの若者世代を指すZ世代のリアルな本音について、早速チェックしてみましょう。

人気の秘訣は炎上騒動?SNSでの発信力が人気に繋がる「Z世代の有名人」

10位 山田涼介(Hey! Say! JUMP)/MINAMI

image by:編集部

男性の10位にランクインしたのは「山田涼介」さん、女性が「MINAMI」さんでした。

アイドルグループ「Hey! Say! JUMP」の一員として、群を抜いた活躍を見せる山田さん。近年では俳優としても注目が高まり、7月にはフジテレビ系連続ドラマ主演作「ビリオン×スクール」(金曜後9・0)もスタート予定です。

若干12歳で始めたSNSで爆発的な人気を獲得したMINAMIさんは、YouTuber・インフルエンサーとしても大活躍。970万回再生超えの「踊ってみた」動画などを経て歌手デビューも果たしたMINAMIさんが持つ影響力は、ますます高まることが予想されています。

9位 菊池風磨(timelesz)/おさき

image by:編集部

9位に登場したのは、男性が「菊池風磨」さん、女性が「おさき」さん。

「SexyZone」からの改名が話題となったアイドルグループ「timelesz」のメンバーでもある菊池さんは、バラエティを中心にお茶の間でも知名度が上昇。ドラマの主演も続き、面白さとカッコ良さの両方を兼ね備えたキャラクターで人気を獲得しています。

2013年から子役として芸能界デビューしているおさきさんは、2019年から本格的なYouTuber活動を開始し人気を獲得。「おさき日記」のチャンネル名通り、気取らない日常もリアルに発信し80万人に迫る登録者数を記録。インフルエンサーとしても活躍しています。

8位 山崎賢人/NICO(平成フラミンゴ)

image by:編集部

男性の8位は俳優の「山崎賢人」さん、女性の8位は「平成フラミンゴ」の「NICO」さんでした。


言わずと知れた大人気俳優の山崎賢人さんは、2024年も主演作が続き、その躍進は止まらず。最近では大人気女優の広瀬すずさんとの熱愛が報じられ、そのお似合いぶりでさらに注目度が高まっています。

2020年に初投稿が行われた2人組YouTuber「平成フラミンゴ」の1人であるNICOさんは、動画投稿を中心にインフルエンサーとしても活躍。「結婚できない」をキャッチコピーにした視聴者との距離の近さが魅力で、4周年を迎え歌手デビューも果たしています。

7位 山田裕貴 /橋本環奈

image by:編集部

7位は、男女共に俳優の「山田裕貴」さんと「橋本環奈」さんがランクインしました。

出演作が途切れない人気俳優の山田さんは、ドラマに映画、CMと引っ張りだこ。今年3月には元乃木坂46メンバーの西野七瀬さんと結婚を発表し、大きな注目を浴びました。

2013年の「奇跡の一枚」写真で爆発的な人気を獲得した橋本環奈さんは、ブレイクから10年を超えた現在も衰えない人気をキープ。今年は後期NHK連続テレビ小説「おむすび」の主演を務めることも発表されています。

6位 ひゅうが (コムドット)/山本舞香

image by:編集部

6位を獲得したのは、男性が人気YouTuber「コムドット」の「ひゅうが」さん、女性が「山本舞香」さんでした。

「地元ノリを全国へ」「放課後の延長」をテーマにZ世代に絶大な人気を誇り、登録者数が380万人を超えるコムドットの「盛り上げ担当」として知られるひゅうがさん。イケメンぶりも人気の高さに繋がっています。

女優・タレントとして活躍中の山本舞香さんは、圧倒的なビジュアルの良さと、毒舌を交えた飾らず気取らないキャラクターのギャップで大人気に。約197万人のフォロワーを持つInstagramでは、その人気ゆえのオファーか、各国のハイブランドをPRする投稿なども多く見応えたっぷりです。

5位 ゆうた(コムドット)/とうあ

image by:編集部

5位にランクインしたのは、6位に続きYouTuber「コムドット」のメンバー「ゆうた」さん、女性が「とうあ」さんでした。

6位のひゅうがさんに続くランクインとなったゆうたさんは、グループのツッコミ担当として大人気。2023年に腰椎棘間靱帯を損傷したりとアクシデントに見舞われるも復活。ドラマ出演やファッションブックの出版など活躍を見せています。

性別に縛られず、唯一無二の存在感で大人気のとうあさんは、「おはようでやんす」の挨拶でお馴染みのYouTube発信を中心に知名度がブレイク。すっぴんからのメイク動画や飾らない日常の風景など、再生回数は今や2000万回に迫る勢い。TikTokでも人気を伸ばしています。

4位 道枝駿佑(なにわ男子)/莉子

image by:編集部

男性の4位は「道枝駿佑」さん、女性の4位が「莉子」さんでした。

アイドルグループ「なにわ男子」のメンバーとして大活躍中の道枝さんは、若干21歳ながら多くのドラマやCMで大活躍中。小顔の美しい顔立ちと長身を生かしてファッション雑誌の表紙を飾ることも多く、中国や韓国でも驚異的な人気を獲得しています。

人気雑誌「Zipper」や「Popteen」のモデルとして人気を広げていた莉子さんは、2018年からスタートしたTikTokへの投稿で大ブレイク。

全SNSでの総フォロワー数は250万人以上で、そのほとんどがZ世代のティーンたち。最近ではドラマ主演を果たしたりと、絶大な影響力を獲得しながら活躍の幅を広げています。

3位 平野紫耀(Number_i)/永野芽郁

image by:編集部

3位にランクインしたのは、男性が「Number_i」の「平野紫耀」さん、女性が俳優の「永野芽郁」さん。

旧ジャニーズ事務所を退所し、新たなグループで革新的な活動を続ける平野紫耀さんは、なんと全世代のTOP5で最多ランクインという快挙を達成。世代を問わず、非常に高い支持を獲得していることが判明しています。

Z世代を代表する女優のひとりである永野芽郁さんは、2009年のデビュー直後から大河ドラマ出演を果たすなどその才能を発揮。ファッション誌「nicola」のモデルとして同世代の支持を獲得し、卒業後もあらゆる映像作品で主演を務めています。最近では、プライベートでハーレーダビッドソンに乗るバイク好きとしても話題となりました。

2位 高橋文哉/さくら

image by:編集部

男性部門の2位は、俳優の「高橋文哉」さん、女性は「さくら」さんでした。

2017年に「男子高生ミスターコン」でグランプリを獲得しデビューした高橋文哉さんは、2019年に『仮面ライダーゼロワン』主演を果たしブレイク。ドラマや映画の主演が途切れることなく続き、躍進を続けている大人気俳優です。

雑誌「Popteen」専属モデルとして活躍するさくらさんは「Z世代が選ぶ2023年下半期トレンドランキング」の「流行ったTikToker」部門でも1位を獲得。

「さくてぃん」の愛称で親しまれ、SNSの総フォロワー数は450 万人以上という絶大な支持を獲得。9月にはPopteenモデル卒業を控え、注目度が加速しています。

1位 やまと(コムドット)/中町綾

image by:編集部

堂々の1位を獲得したのは、男性部門が「やまと」さん、女性部門が「中町綾」さんと、共にYouTuberとして絶大な人気を持つ2人でした。

大人気YouTuber「コムドット」の1人であるやまとさんは、そのキャラクターにビジュアルの良さが加わり人気が加速。尖った発言で炎上を繰り返しながら常に話題の存在となっています。

コメントでは「SNSを見てるとみんなに優しく相談も親身になって聞いてくれたりアドバイスしてくれたり、友達にいたら心強い」(18歳/大学生/愛媛県)と、その性格やメンバーと過ごす自然な姿から「友達になりたい」という気持ちに繋がっているようです。

やまとさん同様、炎上しがちな言動がたびたび注目を集めているのが中町綾さん。YouTubeを中心に人気を伸ばし、その登録者数は約150万人を誇ります。「コムドット」メンバーのひゅうがさんと過去に恋愛関係にあったことも、知名度の上昇に拍車をかけました。

コメントでは「SNSで見て凄く明るいし友達想いでハッキリしているところが素敵」(20歳/社会人/静岡県)と、いつも前向きな姿勢に元気をもらっている同世代から強い支持を獲得。友達になっても楽しく過ごせそうなイメージが人気の理由といえそうです。

「男性部門」image by:PR TIMES
「女性部門」image by:PR TIMES

個性あふれる面々がランクインした「Z世代の女子が選んだ『友達になりたい有名人ランキング』」。メディアでの活躍はもちろんのこと、それぞれがSNSで行う発信、中でも友達と過ごしている雰囲気が伝わっていることが、強い人気へと繋がっていることがわかりました。

  • source:PR TIMES
  • image by:Unsplash
  • ※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。
いま読まれてます

美容師・ヘアメイクを経て映画業界に転身。フリーの記者カメラマンとして国内外のレッドカーペット取材や俳優インタビューを行いながら、来日イベントの企画運営・PR、記者会見や舞台挨拶のMCなど洋画をメインに活動。現在は育児のため仕事をセーブし、ライターとして幅広いジャンルの記事を執筆中。

Instagram

エアトリ 西オーストラリアへ花の祭典と世界で最も幸せな動物「クオッカ」に会いに行く
1位は中町綾…Z世代の女子が選ぶ、本当は友達になりたい有名人ランキング
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます