旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

震災から5年、福島はどう変わったのか。アニメで見る東北の「光と影」

まつこ
まつこ
2016/01/13

東日本大 震災 から今年で5年が経とうとしています。 そんな中福島県では、 震災 後の県内に存在する様々な思いを伝えるため、実話に基づいたドキュメンタリー アニメ ーションを制作する『みらいへの手紙〜この道の途中から〜』プロジェクトが進行しています。

福島県出身のクリエイターがタッグを組んだ

震災 から5年、福島 はどう変わったのか。 アニメ で見る東北の「光と影」

『みらいへの手紙〜この道の途中から〜』プロジェクトでは、福島県郡山市出身のクリエイティブディレクター・箭内道彦(やないみちひこ)氏と福島ガイナックス代表取締役・浅尾芳宣氏によるタッグが組まれました。

震災 から5年、福島 はどう変わったのか。 アニメ で見る東北の「光と影」
箭内道彦氏

箭内氏はタワーレコード「NO MUSIC, NO LIFE.」やリクルート「ゼクシィ」など、数々の話題の広告を手掛ける一方で、創刊から100号を数えるフリーペーパー「月刊 風とロック」の代表を務めるなど、幅広い活動を手掛ける敏腕ディレクターです。

震災 から5年、福島 はどう変わったのか。 アニメ で見る東北の「光と影」
浅尾芳宣氏

今回、福島県の現状とこれから描く未来について、世代や国境を越えて直感的に伝えるために、アニメーションの手法が選ばれました。そこで福島県を拠点に アニメ ーション制作を手掛ける福島ガイナックスが加わり、代表取締役であり福島県出身の浅尾氏の思いとともにアニメーションの中で、実話に基づくストーリーが展開されます。

ふくしまの「光と影」を2分間の物語に

震災 から5年、福島 はどう変わったのか。 アニメ で見る東北の「光と影」

今年1月に行われた制作発表会では、内堀雅雄福島県知事から東日本大 震災 から、5年が経とうとする現在の福島にある「光と影」の両面を伝えるというコンセプトも発表されました。5年の月日の中で、福島県には確実に復興のが見えています。しかし一方で、未だ10万人が避難生活を続けている現状があり、風評被害に悩まされる農家の方々の苦悩があり、そして悲惨な 震災 の記憶が次第に風化されてきているの姿もあります。

次ページ:福島の復興は、まだ道半ば…

まつこ

おんせん県(大分県)生まれ。
好きな大分料理は「吉野鶏めし」、もちろん冷蔵庫に「かぼす胡椒」は欠かせない。現在は、持ち前の酒飲み女っぷりを発揮し、東京の飲み屋をさまよう日々。

震災から5年、福島はどう変わったのか。アニメで見る東北の「光と影」
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
 宮城 そのカラーリングに、心踊る。Opalの毛糸で繋がる平和と手仕事の輪 ★ 118
 福島 クマも認める高品質。知恵比べしながら採取する福島の希少なはちみつ ★ 87
 神奈川 人口3万人以下のまちだけを集めたアンテナショップ・kura-cafeの魅力 ★ 390
 岩手 震災に負けない奇跡の浜ユリ、その酵母を使ったビールが釜石に誕生 ★ 55
 宮城 温泉で乾燥させてみた。宮城・鳴子温泉の斬新すぎるドライフード作り ★ 134
 宮城 残り1500本!宮城の「海鞘(ホヤ)エール」が5年ぶりに再販開始 ★ 42