旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

クリエイティブはDIYの過程から。芸術家が築80年の長屋再生に着手

地域移住計画
地域移住計画
2016/01/19

クリエイティブは DIY の過程から。芸術家が築80年の 長屋 再生に着手
当時の女工さん達が、学問を学べるようにと作られた集会スペース
クリエイティブは DIY の過程から。芸術家が築80年の 長屋 再生に着手
80年前の姿を残す立派な木材の梁

そんなオーナーの想いに共感し、現在この再生プロジェクトを共に進めているのが、石渡のりおさん(41歳)です。

石渡さんは、都内で個展を開くなど美術家として活躍していますが、現在はこの長屋にある一部屋を借りて、東京と津島を行き来する「2拠点生活」を実践しながら、この再生プロジェクトに取り組んでいます。自身の暮らし方を「生活芸術」と呼ぶように、この長屋再生の過程そのものを、作品作りの場のようにとらえているようです。

クリエイティブは DIY の過程から。芸術家が築80年の 長屋 再生に着手
リノベーション中の部屋を案内してくれる石渡さん

クリエイティブは DIY の過程から。芸術家が築80年の 長屋 再生に着手

この築80年の「空き長屋」を活用した「クリエイター・イン・レジデンス構想」は、自分たちの手(DIY)で再生するその過程自体が、すでにとってもクリエイティブです。

実はオーナーは京都大学で橋の構造を研究していた経歴があり、この空き家の再生にあたり、自身のアイディアやノウハウを石渡さんと共に試しながら、さながら、DIYによる実験住宅として取り組んでいます。

クリエイティブは DIY の過程から。芸術家が築80年の 長屋 再生に着手
アイデア・ノウハウがふんだんに取り入れられています

また、「古家リノベ塾」と題し、DIYリノベーションに興味のある人達に対して、床貼りや壁塗りのプロからその技術を学びながら、リノベーションの実践現場を体験するイベントも開催されています。

クリエイティブは DIY の過程から。芸術家が築80年の 長屋 再生に着手
「古家リノベ塾」の様子

少しづつ自分たちの手でつくるということは、とっても手間のかかることのように思えますが、「身の回りにあるモノやコトをなんでも組み合わせてやってみる」「作る過程もクリエイティブでなくてはいけない」という想いや哲学がこの場所には流れていることを感じます。

愛知県津島市の駅から徒歩8分の立地に軒を連ねる建物たちをリノベーションするだけでなく、ここを訪れた人がノウハウを身につけ、また別の場所での地域活性化に応用できるような人材を輩出する目的も兼ね備えた、このプロジェクト。

地域移住計画では、今後定期的に追いかけたいと思っています。


  • 記事提供:「地域移住計画」
  • ※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。
地域移住計画

Iターン・Uターン・移住で見つける「私らしさ」発見マガジン

クリエイティブはDIYの過程から。芸術家が築80年の長屋再生に着手
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい