ジモトのココロはTRiP EDiTORに生まれ変わりました。

新たなる「藍」との出会い。徳島藍と異種業種を繋ぐマッチングが実現

なつぺぃ
なつぺぃ
2016/03/01

深い海のような、落ち着いた色。日本最古の染料の一つで、海外では「ジャパンブルー」とも呼ばれてきた「藍色」。かつては色の落ちにくさから、高級染料として扱われてきました。しかし時代が移り変わり、化学染料が主に使われるようになった今、需要が低下してきたのは事実。そんな状況を変えようと、徳島県で新しいプロジェクトが立ち上がりました。

「藍×◯◯」の新しい出会いを目指して

新たなる「藍」との出会い。徳島藍と異種業種を繋ぐマッチングが実現

徳島県は藍の一大産地です。藍染めは県の伝統工芸として受け継がれ、今でも藍染め体験が出来る場所が何か所もあります。そんな徳島の企業を中心にして始まったのが、藍の加工技術を持った徳島のものづくり企業と、藍を素材とした商品開発を検討している県内外の異業種の人を出会わせるマッチングプラットフォーム「寄り藍(よりあい)」です。「藍染め=布製品」という固定概念を破るような、新しい製品づくりを支援していきます。

新たなる「藍」との出会い。徳島藍と異種業種を繋ぐマッチングが実現

布染め以外で、藍染めってどういうコラボが出来るの? と思いますよね。そこで、今まで藍染めとマッチングしてきた商品の一例をご紹介します。

藍×革製品

新たなる「藍」との出会い。徳島藍と異種業種を繋ぐマッチングが実現

布だけでなく、革も染められる藍。革製品と言えば、使えば使うほど色味や触り心地など使う人によって表情を変え、革の味が増します。そんな共通項を持つ藍×革製品は、身に着ける人を一段と素敵に魅せることができるでしょう。

藍×杉

新たなる「藍」との出会い。徳島藍と異種業種を繋ぐマッチングが実現

藍染めと徳島杉のコラボです。床が藍色に染まると、空間が一気に凛とした雰囲気になりますね。藍が与える温かみのある色合いと和モダンな雰囲気が、今後ますます注目されるでしょう。

次ページ:藍を食べる!?

なつぺぃ

ぺーいと鳴くネコ。大分から東京に出てきてもう7年経ってしまいました。多趣味過ぎて日々金欠な生活。東京は金がかかる。時々ひょっこりライターとして顔を覗かせます。見つけたら「ぺーい!」と指差してやってください。喜びます。

新たなる「藍」との出会い。徳島藍と異種業種を繋ぐマッチングが実現
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
 徳島 まだゴミ回収を待ってるの?収集車ゼロの上勝町に学ぶカッコイイ暮らし方 ★ 9647
 茨城 伝統を次世代へ。水戸で生まれた「すずも提灯」が世界に賞賛されるワケ ★ 248
 東京 初出店の地方ブランドが腕試し。浅草の新名所「まるごとにっぽん」 ★ 48
 関東 日本の伝統工芸が大集合!東京・名古屋に衣食住の芸術が集う ★ 21
 奈良 食から始まる工芸デビュー。300周年・中川政七商店発信のおいしい伝統 ★ 15
 佐賀 名シェフもうなる有田焼の魅力。佐賀県が目指す世界に通用する器作り ★ 64