旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

どさんこなら絶対欲しい「ジモトート」こだわりは地元目線のデザイン

Array
2016/03/02

あなたには「ジモト」がありますか? そして、あなたにとって「ジモト」とはどんなところでしょうか?

生まれ育った土地。

大切な人がいる街。

今住んでいる場所。

色々な答えがある中、共通しているのは「自分にとってかけがえのない場所であること」ではないでしょうか。

どさんこなら絶対欲しい「ジモトート」こだわりは地元目線のデザイン

地域を活性化しようとする取り組みがたくさんある中で、ジモトとは「じぶんにもどるところ」をコンセプトに、ユニークなブランドを展開している企業があります。それが、北海道札幌市にある株式会社ジムニーワークスです。

JIMOTO is my hometown.

どさんこなら絶対欲しい「ジモトート」こだわりは地元目線のデザイン

ジムニーワークスでは、人生の原点となる場所や地域を大切に想う「地元人」のためのブランドとして、「じもとブランド」を展開。「JIMOTOTE(ジモトート)」や「JIMOTEE(ジモティー)」といったオリジナル商品を企画・製作・販売しています。

ここでいう「地元人」とは、その地域で暮らす人はもちろんのこと、出身である人や旅行で訪れた経験があり、その地域に特別な愛着を持っている人たちのことを示しています。

あなたの街がトートバッグに

どさんこなら絶対欲しい「ジモトート」こだわりは地元目線のデザイン

「ジモトート」は、じもとブランドの第一弾としてスタート。2015年4月に札幌、小樽、ニセコなど全12市長村からはじまり、今では北海道の18市町村をテーマに発売されています。


どさんこなら絶対欲しい「ジモトート」こだわりは地元目線のデザイン

製作のきっかけは、北海道出身でジムニーワークス代表の珊瑚和範(さんごかずのり)さんが、「地元を懐かしく想ったり、誇らしく語るきっかけになるものを作れないか」と考えたこと。珊瑚さんは、30年ほど東京で暮らしていたそうですが、年を追うごとにだんだんと地元である北海道への想いが強くなっていったそうです。

「北海道の魅力を全国、そして世界へ発信していきたい」。そんな強い想いから2014年には会社を辞めて、北海道へUターン。会社を立ち上げた珊瑚さんがまず取り組んだのが、ジモトートの製作でした。

次ページ:東京を離れUターン。ジモトート制作のこだわりとは

いま読まれてます
 北海道 どこで、誰と生きていく?東京にできた1日限りの札幌で移住を考える ★ 247
 北海道 「やきそば弁当」が強すぎる!北海道で支持率80%の秘密を調べてみた ★ 609
 全国 農業や観光の未来を変える「地熱発電」が、地方産業に与える大きな期待 ★ 57
 全国 あなたはどっち?究極の2択に悩むご当地グルメお取り寄せランキング ★ 9
 全国 あの時計ブランドがデザインした、ご当地スマホグッズがジワジワ人気 ★ 9
 神奈川 人口3万人以下のまちだけを集めたアンテナショップ・kura-cafeの魅力 ★ 390
どさんこなら絶対欲しい「ジモトート」こだわりは地元目線のデザイン
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます