旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

いつも脇役のアイツが春の主役に!?京都水族館にイワシと桜吹雪が舞う

TRiP EDiTOR編集部
TRiP EDiTOR編集部
2016/04/01

水族館といえば、イルカショーやペンギンなどが人気ですよね。魚なら熱帯魚、最近ではクラゲに興味津々な女性も多いとか。そんな中、京都市にある京都水族館では、いつもは脇役なアノ魚をクローズアップ! 4月から春の装いでゴージャスな水槽を演出するんだそうです。

まさかのイワシ!?桜に舞うイワシの銀世界

いつも脇役のアイツが春の主役に!?京都水族館にイワシと桜吹雪が舞う

水槽に映し出される鮮やかな桜色! そこに現れるシュッとしたフォルムの魚はなんと「イワシ」! 確かに銀色の大群が水槽を泳ぎまわる様子は、水族館の定番ではありますが、なぜあえてイワシなんでしょうか。

群れで舞う姿が桜吹雪のようにも例えられる、絢爛豪華なイワシ。季節を問わず食べられる魚ですが、京都では漁期が春であることから「春鰯」という愛称で呼ばれているんです。今回京都水族館では、京都のいきものと京都の四季を体感する演出として、「春を楽しむインタラクティブアート『桜といわし』」を4月1日より実施します。

桜とイワシのコラボレーション空間が幻想的!

いつも脇役のアイツが春の主役に!?京都水族館にイワシと桜吹雪が舞う

まずは空間の入り口、のれんの前に立つとイワシたちが一斉に進行方向へ向かって泳ぎだし、お花見空間へ私達を誘います。

いつも脇役のアイツが春の主役に!?京都水族館にイワシと桜吹雪が舞う

のれんの先に広がるのは、天井まで一面に彩られた桜!繊細な灯りが空間を包み込み、桜から桜へ、幻想的で煌びやかに照らされる桜が春の空間を演出します。

TRiP EDiTOR編集部

TRiP EDiTORは、「旅と人生をもっと楽しく編集できる」をコンセプトに、旅のプロが語りつくす新しい旅行メディアです。

いつも脇役のアイツが春の主役に!?京都水族館にイワシと桜吹雪が舞う
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
 沖縄 沖縄オヤジの幼少時代が蘇る「沖縄こどもの国」がとってもニッチ ★ 1
 埼玉 はぁ〜いい湯だな♪全国対抗、カピバラの長風呂対決がかなり癒される ★ 35
 栃木 旅行プランが即決定!温泉・絶景だけじゃない、那須塩原のカップル旅 ★ 23
 中部 東海はペット天国だった。愛犬と旅行するのに「静岡県」が人気なわけ ★ 41
 全国 奇想天外な温泉がズラリ。面白すぎる全国の「秘湯中の秘湯」ガイド本 ★ 56
 富山 非公開: 山が荒れる…だから僕は自然を守るために、竹林を食べることに決めた ★ 335