旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

見どころは北欧と和のコラボ。フラワーアート展「新花−SHINKA−」が福岡で開催

松崎 桃子
松崎 桃子
2016/05/16

デンマーク出身のフラワーアーティスト、ニコライ・バーグマンさんによる展覧会が6月9日〜12日の4日間にわたり福岡県で開催されます。

その会場となるのは1100年以上の歴史がある「太宰府天満宮」。日本の伝統ある舞台をバックに、北欧のモダンなスタイルと日本の繊細さを取り込んだ美しい作品の数々がお目見えします。

フラワーアートの新境地

小さな箱にお花がぎっしりと詰まったこんなフラワーボックスを見たことありますか?

_89H9092 copy

手がけたのは、日本を拠点に活動するデンマーク出身のフラワーアーティストのニコライ・バーグマンさん。

その鮮やかな色彩感覚や大胆かつ繊細なデザイン、北欧のエッセンスと和の融合で、いままでのフラワーアートの世界に新しい息吹をもたらした人物なんです。

青山のフラッグシップストアをはじめ、六本木ヒルズ有楽町新宿ISETANなどに店舗があり、フラワーショップ併設のカフェやフラワースクールも手がけています

フラワーデザインの枠を超えイベント演出やファッションブランドやデザイン界ともコラボレーションをするなど、多岐に渡って活躍されているニコライさん。そんな彼の集大成ともいえる、過去最大規模の展覧会新花 −SHINKA− 』が開催されます。

東京生まれ。構成作家、ライター。
パリ第8大学造形美術学部修士課程終了。パリ滞在を経て、自分が生まれた日本をもっと知りたい!と思うようになりました。特に芸術祭が開催される場所を巡るのが好きです!

見どころは北欧と和のコラボ。フラワーアート展「新花−SHINKA−」が福岡で開催
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい