旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

デザイナーズ銭湯の次は「サ道」。都内の本格すぎるサウナ施設5選

TRiP EDiTOR編集部
TRiP EDiTOR編集部
2016/07/20

Spa LaQua(後楽園)

 

みか katieさん(@mikatiii)が投稿した写真

最後にご紹介したいのが、これまでのイメージを一新したサウナ「Spa LaQua」。東京ドームシティに隣接する充実の複合型レジャースポットの「LaQua」にある巨大スパは、地下1,700mから湧出した天然温泉がウリです。

それ以上にサウナの種類が豊富なんです。女性におすすめです!

SPA ZONE」のサウナ3種類(女性用のサウナ)

塩サウナの「ディープシー」

image by: Spa LaQua

正面のオブジェは、約2億5千万年前の古生代、深海が隆起し、地表に推積した海水中の塩分が結晶化して出来た、ロックソルト(岩塩)で作られているそうです。

太古のミネラルが多量に含有されているロックソルトは、空気の浄化作用があるとも言われています。「塩サウナ」は一般的にお肌にも良いそうですよ。

ミストサウナの「テルマーレ」

image by: Spa LaQua

こちらは45℃のミストサウナ。店のサイトによると「アメジストの持つ数ヘルツの振動数が、心身のリズムを整え、安らぎをもたらし、インスピレーション・直感力を高めるなど、右脳を活性化する効果が期待できる」と言われています。

心地よい温度感にミストが降りかかると考えただけで、気持ち良さそうですね。

中高温サウナの「オリーブ」

image by: Spa LaQua

中高温の90℃のサウナで、ドライ式。気分はサッパリするそうです。前の2つの低温サウナを入ったあとに、こちらのサウナに入って温度差を体感するのも良さそうですね。

「Healing Baden」のサウナ4種類

 この「Spa Zone」以外にも「Healing Baden」というエリアがあり、こちらもかなりユニークなサウナが楽しめます。すべて45℃から50℃という低温サウナなので、熱いのが苦手な方におすすめです。

黄土房(約45℃)

こちらは、黄土の遠赤外線効果を使用した低温サウナ。老化防止や解毒作用に効果が期待できるといわれています。


彩輝房(約45℃)

カラーセラピーの発想をとり入れ、壁面の色が変えられるカラーサウナです。カラフルですね。セイント鉱石やカラーセラピーの要素で、身体や心に安らぎを与えるのだとか。これは安らぎそう。

橙幻宮(約40℃)

幻想的な地底の遺跡をイメージした低温サウナだそうです。ゲルマニウムのデトックス効果が期待できるとか。

紅淸洞 (約50℃)

遠赤外線、天然イオンなどを放出する松鉱石を使った低温サウナ。体がリラックスできそうですね。

サウナスペック

サウナ 40℃〜90℃ /  水風呂 22℃

【住所】東京都文京区春日1-1-1

【電話】03-3817-4173

【営業時間】 11:00~翌9:00
【料金】入湯料¥2,634 / ヒーリング バーデ ¥864
【公式サイト】http://www.laqua.jp/spa

都内でもこんなに色々なサウナがあります。

みなさん、これでサウナに、行きたくなりましたか?

  • image by: Shutterstock.com
  • ※掲載時点の情報です。内容は変更になる可能性があります。
TRiP EDiTOR編集部

TRiP EDiTORは、「旅と人生をもっと楽しく編集できる」をコンセプトに、旅のプロが語りつくす新しい旅行メディアです。

デザイナーズ銭湯の次は「サ道」。都内の本格すぎるサウナ施設5選
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい