ジモトのココロはTRiP EDiTORに生まれ変わりました。

東京23区で唯一の渓谷。世田谷区「等々力渓谷」でグリーンエクササイズ

御田けいこ
御田けいこ
2017/08/30

今年の夏は雨が多く、蒸し蒸しとした日が続きますね。こんなときは涼しいクーラーの聞いた部屋から出たくないものですが、今回はあえて「屋外で涼む」をテーマに、東京都世田谷区にある等々力渓谷をご紹介します。渋谷から電車で20分にあるとは思えない豊かな自然の中は涼しく、ストレス解消にはもってこいのスポットですよ!

都内のオアシス「等々力渓谷」へ

谷尻川の水はやがて多摩川へと流れゆく
谷尻川の水はやがて多摩川へと流れゆく

夏。打ち水をしたり、風鈴の音を聴いたり、緑のカーテンを作ってみたり。 涼を呼び込む工夫は家で行うものが多いので、「わざわざ外に出てまで涼を求めるのはちょっとなあ…」という方もいらっしゃるかもしれません。しかし、今回はあえて屋外で涼む場所を案内し、あわせてストレスを軽減させる方法をご提案したいと思います。

 

行き先は東京23区唯一の渓谷、等々力渓谷(世田谷区等々力)。 東急大井町線「等々力」駅から徒歩約1分。 スーパーの成城石井を左折するとすぐに入口が見えます。渓谷にかかる橋の脇には気温が表示されています。

等々力渓谷の脇にある気温表示

この日の気温は30度越え。 「あー早く、気温の低い下に(渓谷に)降りたい!」と、暑さで渇いた心は訴えるのであります。

階段を降りると、広がっていたのは緑の魔力を感じさせるような鬱蒼とした樹木群と谷尻川のせせらぎが作り出す異世界

赤い橋の脇にある階段を降りると等々力渓谷へ

眩しい陽射しを遮る深い緑の渓谷に佇むと真夏でも涼しさを感じます。そして心なしか時間の流れがぜんぜん違うような…。(ここから電車に乗って10分ぐらいで自由が丘へ、20分ぐらいで渋谷に行けるなんてウソみたい!

川沿いでくつろぐ人たち

御田けいこ

人生の設定は「いつでも、どこでも、食いしん坊バンザイ!」。人に会い、土地を歩き名物にふれ、郷土の味をあじわいつくす、をテーマに今日もどこかを踏みしめ歩いています。広島県生まれ。

東京23区で唯一の渓谷。世田谷区「等々力渓谷」でグリーンエクササイズ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
 全国 実家に帰ると親がやけに優しい…夏の終わりに「帰省あるある」20選 ★ 128
 その他のエリア 外国人の「日本酒」爆買いが止まらない。世界に広がる地元のSAKE ★ 1049
 東京 オトナがコドモに戻る休日を。湧き水が飲める都内の駅近公園を探索 ★ 60
 東京 なんだろうこの懐かしさ。都内で食べる「台湾の駅弁」が密かなブーム ★ 436
 東京 ここはドラクエのダンジョンか。東京にある「日原鍾乳洞」で日帰り探検 ★ 90
 全国 夏は「ぬるい温泉」がいい。都内から車でも行ける日本の低温泉まとめ ★ 39