ジモトのココロはTRiP EDiTORに生まれ変わりました。

これ全部、70代のおじいちゃんの手作り。青森県おいらせ町の巨大ガンダム

斎藤美佳子
斎藤美佳子
2017/09/06

このガンダムヘッド、中に入れるぞ?

この巨大なガンダムの頭、裏側に回り込むとこんな風になっていました!

0827head_door
ガンダムヘッドの裏側

看板には、

「惑星でバーベキュー!!」

「ガンダムと共に焼肉パーティー」

というパワーワードが並んでいます。

たしかに、後ろにはバーベキュースペースが。食べ物は持ち込みで場所レンタル料が一人1,000ですって。

惑星バーベキュー
惑星バーベキューができる場所も

この壁面の絵も鈴木さんが描いているそうです。

えぇぇえ!?

 

そして、ガンダムヘッドの中には……!

ガンダムヘッド
ガンダムヘッドの中にはカラオケとファンノート

 

6人くらいは入れそうなカラオケスペースになっていました。天井は電飾がきらめいています。正面ディスプレイは、曲を入れない時は前方のモニターになっていました。

テーブルには歌本とマイク、リモコンの他に一冊のノートがあり、全国から訪れたファンがその感動ぶりを書き連ねています。

この日も「東京から、ここを目的に来ました!!!スゴイ!!!感動しました!」と書かれたファンのメッセージがありました。

他にも、群馬県、茨城県など、この本州最北端県の小さな町まではるばるやってきた方々の書き込みがありました。

 

観覧料はありませんが、募金箱があります

このガンダムコレクション、あくまでも個人の趣味であって、特に観覧料などは設定されていません。作品のメンテナンスや製作の費用を支援する小さな募金箱が設置されているだけです。

0827bokin
ガンダムの足元にある募金箱

聞けば、いま製作中の金色のモビルスーツ「アカツキ」は、表面をすべて金色のコーティングシートで覆うため、かなりの費用がかかっているようです。もちろん、わたしたちもささやかながら支援の募金をさせていただきました。

新作のアカツキは製作開始から半年ほどですが、まだまだ完成まで1年半以上かかるそうです。

これはガンダムファンならずとも大興奮のクオリティでした。ドライブ、ツーリング、ガンダムファンの聖地巡礼として、ぜひ足を運んでみてください。

 

スズキ理容
住所: 青森県上北郡おいらせ町一川目4丁目6-30
Tel:  0178-52-3841

斎藤美佳子

北海道生まれ、青森県弘前市在住のブロガー。津軽人の夫と、子どもとともに弘前市に移住。自宅を拠点にパソコンで仕事をしつつ、津軽エリアの地域情報を日々ブログで発信中。趣味でハンドメイドのキセカエヤやこぎん刺しもしています。ブログ: saitoumikako.com

これ全部、70代のおじいちゃんの手作り。青森県おいらせ町の巨大ガンダム
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
 全国 実家に帰ると親がやけに優しい…夏の終わりに「帰省あるある」20選 ★ 128
 その他のエリア 外国人の「日本酒」爆買いが止まらない。世界に広がる地元のSAKE ★ 1034
 青森 ちょっと今年の「田んぼアート」さん、本気出しすぎじゃないですか ★ 568
 全国 日本に来た外国人がリアルに買っていく「意外なお土産」 ★ 521
 富山 富山名物「入善ジャンボ西瓜」の過酷過ぎる収穫事情 ★ 353
 全国 日本好きの台湾人が、二回目以降に訪れる意外な旅行先は? ★ 1238