旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

【台湾シリーズ③】日が暮れるまで、台湾を食べ歩き

TRiP EDiTOR編集部
TRiP EDiTOR編集部
2017/11/28

03 

台湾といえば、やっぱり甘味! 甘いもの大好きな台湾人にとって、“下午茶”=午後のティータイムのスイーツは欠かせません。インスタの流行で、最近は見た目重視の傾向?男性にオススメのインパクト抜群の3店をご紹介します。

▶ 見た目も味もスペシャルなタロ芋かきごおり『六順豆花』

cold

名物「黑糖芋泥火山冰」」は、その名の通りマグマのごとくタロイモクリームがぎっしり詰まった大迫力! ただ黒糖シロップとクリームは見た目に反して優しい甘さで食べやすく、どこか昔懐かしい気持ちにさせてくれます。

㈯六順豆花 内観2

六順豆花/台北市松山區新東街26巷1-1號

▶ こう見えても無添加!カラフルなスムージー『BobiiFrutii珍珠水果特調』

08bobii frutii4

まるでインスタ映えのために生まれてきたかのようなカラフルなスムージーはすべて無添加・天然素材で作られていて、美容・健康にもよいのだとか。選べる四種のタピオカフレーバーは上品な香りの柚子がイチオシです。

㉀bobii frutii 外観3

BobiiFrutii珍珠水果特調/台北市大安區敦化南路一段187巷17號C

▶ 台湾ならではのタピオカパンケーキ!『美好年代 Belle Epoque』

09美好年代3
タピオカミルクティーをパンケーキに大胆アレンジ。生クリームと黒タピオカのコントラストは食べるのがもったいないほどの美しさ! 紅茶風味のパンケーキも絶妙で、男性でも思わず「幸せ~」と言いたくなること間違いなし!

上から見ても、エレガント!

 

㈷美好年代 外観3

美好年代 Belle Epoque/台北市大安區大安路一段52巷23號

  • 取材・文/いしまつ
  • image by:いしまつ
  • ※掲載時点の情報です。内容は変更になる可能性があります。
TRiP EDiTOR編集部

TRiP EDiTORは、「旅と人生をもっと楽しく編集できる」をコンセプトに、旅のプロが語りつくす新しい旅行メディアです。

【台湾シリーズ③】日が暮れるまで、台湾を食べ歩き
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
 台湾 【話題】美しすぎる台湾・故宮博物院のコインロッカー ★ 699
 東京 なんだろうこの懐かしさ。都内で食べる「台湾の駅弁」が密かなブーム ★ 443
 台湾 初めてなのに懐かしい台湾【九份・迪化街・三峡老街めぐり】 ★ 9
 全国 日本好きの台湾人が、二回目以降に訪れる意外な旅行先は? ★ 1315
 東京 東京にいながら本格台湾スイーツ。豆花が美味しい「東京豆花工房」へ ★ 37
 海外 そういえば台湾に行きたかった【エキゾチックグルメ編】 ★ 44