旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

本州一美しい海に架かる橋を渡り、絶品海の幸を。山口県・角島を往く

大原広軌
大原広軌
2015/07/29

妻で漫画家の大原由軌子とメルマガ『大原さんちの九州ダイナミック』を共同配信しているライターの大原広軌です。

家族で長崎県佐世保市に移住してから4年あまりの間、西日本の様々な土地に足を運んだ大原家ですが、その中から夏場にこそ訪れていただきたい絶景スポットをご案内します。

山口県下関市角島大橋

数年前、国内はおろか海外のサイトでも「いったい地球上のどこの景色なんだ」と話題になった下関市豊北町角島、そして角島大橋。ベストセラー『死ぬまでに行きたい! 世界の絶景』にも紹介された、山口県が誇る「別天地」です。

かく言う私もネット上の写真を一目見て、まさに「死ぬまでに一度は行かなければ」との思いで出向いたのですが、車窓に島と橋、そして碧い海が飛び込んできた瞬間、言葉を失いました。感嘆詞すら出てきません。遅れてやってくるのが、南国でしかお目にかかれないと思い込んでいた佳景に日本本土で出会えたという感動です。

山口県下関市角島大橋

この角島大橋、2000年の11月3日に開通するや、そのロケーションの素晴らしさから自動車などのCMにたびたび登場するようになり、今では県外からもたくさんの観光客が訪れるといいます。

山口県下関市角島大橋

海上を行く1780mの橋の先に待つのは、エメラルドグリーンと白い砂のコントラストが目に眩しい角島。島内では「角島大浜海水浴場」と「しおかぜコバルトブルービーチ」の2つの浜辺が待っています。どちらも夏場は観光客で賑わいますが、大都市圏に近い海水浴場と比べれば、ほどよい人出といったところでしょうか。

 

山口県下関市角島海水浴場

さて、海水浴でお腹をすかせたら、海を眺めながら絶品海の幸を味わえる食堂へ向かってみましょう。

次ページ:海水浴の後に食べるべきは地元特産「剣先イカ」の海鮮丼

大原広軌

東京都福生市生まれ。ライター、構成作家。一家で妻の出身地である長崎県佐世保市に移住してから4年余り、美味しい海の幸が安価で食べられる幸せを噛みしめつつ、九州・山口・沖縄の絶景スポットを巡る日々を送っている。

本州一美しい海に架かる橋を渡り、絶品海の幸を。山口県・角島を往く
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
 全国 夏は「ぬるい温泉」がいい。都内から車でも行ける日本の低温泉まとめ ★ 39
 沖縄 境内には鍾乳洞。戦火を逃れた琉球八社のひとつ、金武観音寺を往く ★ 23
 香川 要潤ってうどん県副知事だったの!?要潤がOL3人を香川県の女子旅へご案内 ★ 29
 栃木 温泉の上に綱、一体何に使うの?那須塩原の変わり種温泉動画が気になる ★ 7
 大分 甘ーいお菓子な家…と思ったら公衆トイレ! 大分県がトイレ芸術祭開催 ★ 6
 栃木 その美しさ、振り返らずにはいられない。滝の名所・那須塩原市の名瀑をフォトレポート ★ 12