旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

水着で入ろう。日本とは少し趣が違う台湾の温泉スポット北投『千禧湯』

TRiP EDiTOR編集部
TRiP EDiTOR編集部
2017/12/23

こんにちは、ジモココ編集部です。今回ジモココ編集部では台北の温泉スポットを紹介します。台湾の温泉地の中でも交通の便利が良く、地元の人たちも親しまれている温泉地が「北投(べいとう)」です。日本とは少し趣が違う台湾の温泉スポットに行ってみませんか?本記事では『千禧湯』について紹介しています。

 

北投公園露天溫泉浴池「千禧湯」

⑥北投公園露天温泉浴池「千禧湯」外観2

瀧乃湯からすぐ近くにある、北投公園露天溫泉浴池内にある「千禧湯」。ここは地元民に愛される公共浴場です。

⑥北投公園露天温泉浴池「千禧湯」外観1

⑥北投公園露天温泉浴池「千禧湯」内観3

その特徴はなんといっても入浴料40元(約148円)という北投随一の安さです。

水着を着用での混浴のため温泉というよりプールといった雰囲気に近いですが、外の空気を吸いながらの温泉はやはり格別

⑥北投公園露天温泉浴池「千禧湯」内観2

温泉街画像3

 

水着着用!

 

口コミでも「ローカル感を味わえて面白かった!」という声も聞くので、台湾の温泉を味わいたいなら、良いかもしれませんね。

 

@ghdwn90623がシェアした投稿

 

入れる水着と、入れない水着など、基準があるので、現地で売られている水着を買って着るのがベストかも。
コイン式のロッカーもあるので、貴重品は預けておけます。ローカル感満点の温泉を楽しめます!

 

住所: 台北市市北投區中山路6號
値段:入浴料40元/水着300元~

 

 

【台湾の関連記事】

瀧乃湯

水美温泉會館

千禧湯

 

TRiP EDiTOR編集部

TRiP EDiTORは、「旅と人生をもっと楽しく編集できる」をコンセプトに、旅のプロが語りつくす新しい旅行メディアです。

水着で入ろう。日本とは少し趣が違う台湾の温泉スポット北投『千禧湯』
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
 海外 【リアル孤独のグルメ 台湾篇】親日の台湾で見つけた不思議な「日本料理店」 ★ 133
 台湾 【台湾シリーズ③】日が暮れるまで、台湾を食べ歩き ★ 43
 台湾 【話題】美しすぎる台湾・故宮博物院のコインロッカー ★ 699
 東京 インスタジェニックなお芋たち!本格的なフレンチフライ専門店が話題 ★ 36
 全国 きっかけは教え子との約束。駅弁の「掛け紙」で有名になった高校教師 ★ 33
 海外 そういえば台湾に行きたかった【エキゾチックグルメ編】 ★ 42