旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

近江の「厳島」の異名も。琵琶湖に浮かぶ美しき大鳥居「白髭神社」へ

Array
2018/04/05

歴史ある川魚の名店「西友」のうなぎは必食の美味しさ!!

昭和13年に先代・阪田嘉明が本家の川魚店からのれん分けにより創業した「西友」は、新鮮な材料と炭火焼にこだわっており、特にうなぎ料理が評判のお店です。

写真は「ひつまむし膳」。琵琶湖固有種の湖魚「ホンモロコ」や郷土料理の「エビ豆」なども味わえる

鰻の調理法は、「関西風」。腹開きで地焼きなので、表面がパリッとしています。ひつまぶしは、ご飯と鰻の間にきざみのりが敷かれています。関西風の調理法で食べる鰻は今回が初めて。やっぱり違うのだろうか・・・・??

ひつまぶしは、1杯目めは丼風に盛り、鰻の香ばしさと食感を楽しみます。一口食べてみると、海苔の香りと香ばしい鰻の味が口に広がり、関東風とはやはり違います。

そもそも、ひつまぶしなので、「うな重」とは違う料理なのですが、違った美味しさが楽しいです!!

薬味と出汁をたっぷりかけて・・・・絶妙な美味しさ!!

2杯目は薬味をつけて、そして3杯目はだし汁と薬味を加えて味わいます。出汁がサラサラとお米や鰻を口に滑り込ませるので、永遠に食べ続けられてしまいそう。薬味もいいアクセント!!クセになる美味しさです。

写真は「はす煮」。はすは琵琶湖の大衆魚で歯ごたえがあり味は淡白

鰻の山椒炊きや小鮎若炊きなども農林水産大臣お墨付きの美味しさですので、お土産におススメです。

≪近江今津 西友≫
〒520-1623
滋賀県高島市今津町住吉2-1-20
TEL:0120-39-2105

いかがでしたか?

今回は近江高島から近江今津周辺のおススメ観光スポットをご紹介しました。自然いっぱいの滋賀県へ春を見つけに出かけませんか?

  • image by:牡丹餅あんこ
  • ※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。
いま読まれてます

【フリーライター・編集】 グルメ雑誌・旅行誌・ウェブサイトの取材、執筆、撮影、ディレクション、編集など。

Twitter / Instagram

 全国 「すごい」を意味する方言が、全国47都道府県で全部違っててすごい ★ 7198
 滋賀 「滋賀県やるじゃん」クリエイター目線で作ったサイトが超カッコイイ ★ 2518
 滋賀 あぶねーよ、ポケモンGO。通学路の「飛び出し坊や」が全国で大変化 ★ 220
 全国 これが日本の美女。古今東西「美人」と呼ばれた女性たちの変遷 ★ 2741
 全国 なぜ「関東」では売られていないのか? 人気の「ルマンドアイス」 ★ 133
 全国 他県には譲れん。地元が誇る、日本全国の意外な「発祥の地」 ★ 457
近江の「厳島」の異名も。琵琶湖に浮かぶ美しき大鳥居「白髭神社」へ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます