旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

他県には絶対に譲れない、我が町こそが「発祥の地」ベスト20

TRiP EDiTOR編集部
TRiP EDiTOR編集部
2017/06/21

以前掲載した記事「あの有名企業の発祥地はココだった。自慢したい企業の地元20選」では、意外な有名企業の発祥地を紹介しました。

今回は「日本全国の発祥の地」を紹介します。実は日本各地には、知ってそうで知らなかった、意外な発祥地が数多く存在します。

その中で編集部が選んだ意外な発祥の地 ベスト20を紹介します。(*様々な諸説があるものもありますが、一般的に伝えられている発祥の地を紹介します)

温泉記号発祥の地(群馬) 

磯部温泉_日本最古の温泉記号_-_panoramio
image by: [CC 表示-継承 3.0], via Wikimedia Commons

江戸時代、群馬県の安中市磯部で勃発した土地をめぐる農民間の争い。それの争いに決着をつけるための評決文「上野国碓氷郡上磯部村と中野谷村就野論裁断之覚」には、「磯部温泉」を示した2つの温泉マークが記されていたそうです。

この温泉マークは日本最古の用例とされ、温泉記号の発祥の地は群馬となりました。 

けん玉の発祥の地(広島県)

jpegOutput
拳会角力図会 2巻(image by: 国立国会図書館)

16世紀ごろより、世界各地では貴族や上流階級の人々の間で親しまれていたという「けん玉」。

日本けん玉協会よると、日本では、拳会角力図会・2巻』(1809年)という古い文献で、けん玉が記録されていますが、私たちが慣れ親しんでいる、現代のけん玉は1918年に広島呉市で、江草濱次(えぐさはまじ)氏の考案で、「日月ボール(にちげつぼーる)」が誕生しました。

この日月ボールの生産は、木材で有名な広島県廿日市。この土地にはけん玉の碑が建てられています。

そもそも、けん玉って日本発祥の地じゃなかったの?と、そちらの方が意外という人もいるかもしれませんね!


醤油発祥の地(和歌山県)

醤油蔵が並ぶ、和歌山県湯浅町  [CC 表示 2.5], via Wikimedia Commons 

なんと、日本料理に欠かせない調味料の醤油は和歌山がルーツでした。遡ること、鎌倉時代。僧の心地覚心(しんちかくしん)は、中国より製法を取得し、径山寺味噌(現・金山寺味噌)を日本にもたらした人物と言われていますが、この味噌の桶底にたまった上澄み液(たまり)が美味しいことを発見し、醤油が生まれたという説があります。その場所が有田郡湯浅町で、江戸時代には92軒の醤油醸造所があったと言われています。

TRiP EDiTOR編集部

TRiP EDiTORは、「旅と人生をもっと楽しく編集できる」をコンセプトに、旅のプロが語りつくす新しい旅行メディアです。

他県には絶対に譲れない、我が町こそが「発祥の地」ベスト20
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
 全国 あの有名企業の発祥地はココだった。自慢したい企業の地元20選 ★ 900
 全国 「すごい」を意味する方言が、全国47都道府県で全部違っててすごい ★ 4957
 神奈川 ポーランド人が描いた「ノスタルジックな横浜」が泣ける ★ 3314
 全国 地元出身者をイラッとさせる、言ってはいけない一言シリーズ ★ 2582
 東京 東京なのにこんな近くに見れるのか。小笠原のホエール・ウォッチング ★ 256
 東京 噂のロシア美女メイドカフェに行ってきた ★ 100