旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

夏のお泊りアウトドア、今年は豪華キッチン付で「作って食べる」が流行りそう

TRiP EDiTOR編集部 n
TRiP EDiTOR編集部 n
2018/06/05

もともと海外で人気だったラグジュアリーな超贅沢キャンプ「グランピング」が、昨年日本でもSNSを中心に大きな話題となりました。グランピングとは、グラマラスとキャンピングをかけ合わせた造語。文字どおり、不便で重労働なキャンプのイメージを刷新し、優雅でゴージャスな体験ができる新スタイルのアウトドアとして女性にも人気となりました。

そして今年は、「キュイジーヌ・リゾート」という、さらに進化したアウトドアスタイルが、早くも流行の兆しを見せています。このキャンプでもグランピングでもない新スタイルが楽しめるリゾートが、6月からオープンするそうです。キュイジーヌ・リゾートとは一体なんなのか、どこが新しいのか、早速その魅力を探ってみましょう!

”キュイジーヌ・リゾート”って何?

キュイジーヌ・リゾートとは、世界の有名キッチンブランドを取り揃えたオーダーメイドキッチンで”食”を楽しむ、新しいアウトドアスタイルのこと。レンガを組んで薪をや炭を燃やすキャンプとは大違いのラグジュアリーさです。

このキャンプでもグランピングでもない、この新スタイルが楽しめるリゾート『THE CHIKURA UMI BASE CAMP』が、2018年6月25日、南房総にオープン。夢のような豪華キッチンが中央に据え付けられています。

一歩出ればそこは海。

もちろんキッチンだけではなく、ロケーションも最高。リビングの窓からはプライベートビーチが望めます。この開放感のなかでキャンプやグランピングなどの従来のアウトドアとは大きく違ったハイクラスな「アウトドアダイニング」が体験できるのです。

キッチンの全長は、なんと8m以上!

THE CHIKURA UMI BASE CAMPイチの魅力は、全長8m以上もある超大型オープンキッチン。そして、このキッチンにつながるアウトドアダイニング、つまり作ったご飯を外で食べられるところです。
道の駅で地元の旬な食材を調達し、こだわりの機器が完備された最高級のキッチンを使ってみんなで一緒に調理できます。”作って食べる”ことにスポットをあてた THE CHIKURA UMI BASE CAMPでは、気分次第でいくつもの食事スタイルが楽しめるように作られています。
ひろびろと開放感あるオープンスタイルですが、プライベート空間はしっかりと確保されていますから、仲間たちだけの気の置けない時間を過ごせますね。

ここでしか味わえない、贅沢なアウトドアダイニング

テーブルを囲んでお食事タイム。まるで海外セレブの一軒家を丸ごと貸切したような気分が味わえそう。大型パラソルを広げれば雨の日だって心配無用。365日、大自然に囲まれて食事を楽しむことができます。

調理しながら、 保温しながら

四季折々の新鮮な食材を煮たり、焼いたり、グリルしたり。キッチンを囲み、調理しながら食事を味わえるキッチン構造だから、みんなで作って食べる楽しみが、かけがえのない思い出に変わっていきます。

暖炉を囲んで寛ぎのひと時を

各棟は、暖炉が完備されています。暖炉を囲んで、夜のくつろぎタイムのスタート。多彩な灯りと波の音、満点の星空が贅沢なリラックス体験を彩ります。波の音より小さな声で、ゆっくり語り合えそう。

ランチボックス

お昼はランチボックスに詰め込んで、海辺でランチタイム。ロングステイの方は、バイクやキャンピングカーに乗って、好きなところでピクニックしながら食事を楽しむことができます。食後は身体と相談して、お好みのウェルネスで汗を流したりもでき、すぐに帰るのがもったいないくらい。日本でも長期休暇が当たり前の時代がくればいいなぁ、としみじみ思いますね。

清潔感あるベッドルームや水回り。彼女もママもベビーも、ここならOK!

キャンプやグランピングしてみたいけど、アウトドアは苦手…という方に多いのがバスルームやトイレなど水回りの清潔感や、虫の問題。THE CHIKURA UMI BASE CAMPの清潔さは、ストレスなくリゾートを満喫できる美しさ。バスルーム・トイレ・パウダールームからベッドルームまで、清潔感とデザイン性を兼ね備えたプレミアムな空間になっています。また、虫よけ対策としてユーカリなど虫が好まないアロマオイルをブレンドした、さわやかな香りのルームスプレーを各棟に完備。

THE CHIKURA UMI BASE CAMP のオリジナルグッズもおしゃれ

なお、キャンプで世界の有名ブランドのキッチンを体験して、「自宅でもあの優雅さを味わいたい!」と思ったら、あとで商品購入も可能。東京 品川・港区にあるFOREST Cafe&Dining、FOREST STAND SENGAKUJI が入る管理棟では、THE CHIKURA UMI BASE CAMPのセレクトショップを併設。販売しているグッズは全て、各棟で実際に使用して頂くタンブラーや食器などです。宿泊して商品を実際に利用してみて、いいなと思った商品を購入することができます。

お休みの日のアウトドアをきっかけに、普段おろそかにしがちな「食事の時間」を丁寧に、贅沢に過ごすことで、「食べる」という当たり前のしあわせをあらためて感じる、そんなワンランク上の時間を過ごせる、食べるキャンプ。あなたは、誰といきますか?

観光地情報
  • THE CHIKURA UMI BASE CAMP(ザ・チクラウミベースキャンプ)
  • 〒295-0003 千葉県南房総市千倉町白子2521-6
  • 車:富浦ICより→国道→房総フラワーライン→海岸方面へ→SOUTH BIRD INN を目印にクランクして小道へ
    バス:東京駅高速バス(南房総千倉行)→館山でJR内房線に乗り換え、千歳駅で下車 ※内房線「千歳駅」より徒歩8分
  • 宿泊料金:定員:4名 料金:50,000円~(税込)
  • 開業日:2018年6月25日(月)
  • http://chikuraumi.basecamp.style/
  • 客室数:全7棟

情報:PR Times

TRiP EDiTOR編集部 n

TRiP EDiTORは、「旅と人生をもっと楽しく編集できる」をコンセプトに、旅のプロが語りつくす新しい旅行メディアです。

夏のお泊りアウトドア、今年は豪華キッチン付で「作って食べる」が流行りそう
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
 鳥取 ホテルのような快適さ!鳥取・大山で楽しむ「グランピング」キャンプ ★ 145
 兵庫 手ぶらでOK。今年はナイトプールでグランピングBBQがいいね ★ 17
 全国 手ぶらで行ける贅沢キャンプ。日本の有名グランピングスポット5選 ★ 139
 三重 外国人にもウワサ。観劇もできる三重の「おふろcafé 湯守座」探検記 ★ 83
 京都 そうだ京都に、100連泊しよう!謎の宿泊プランが話題 ★ 1028
 福井 まだ都会で遊んでるの?福井の森が大人の好奇心も揺さぶる冒険空間へ ★ 146