旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

東海道の起点。古都、京都三条通りに残るモダン建築を訪ねる旅

おもしろい京都案内
おもしろい京都案内
2018/07/31

kyoto20180605-19281928ビル image by: 京都フリー写真素材

またまた辰野金吾の登場です。大正3年に建てられた「旧日本生命京都支店」です。辰野金吾と高岡安の設計によるものですが、赤れんがの辰野式とは全く雰囲気が違います。片岡安の色が濃い石張り建築です。今はアンティーク着物のお店が入っています。

● 文化遺産オンライン 旧日本生命京都支店

次は「1928ビル」です。1928(昭和3)年に大毎新聞(現毎日新聞社)京都支社として建てられたものです。設計は武田五一。今も使われている京都市役所などを設計した人です。この建物は、大毎新聞時代の社章をかたどった星形の窓やバルコニーに注目して見て下さい。最上階のアーチ型ホールは、音響効果がよく、昔から演劇などの会場として活用されてきました。

● 1928ビル

近年は京都発の感動エンターテイメントショー「ギアGEAR」の専用劇場となっています。

● 京都の感動エンターテイメント ギア-GEAR-

「1928ビル」の地下に続くタイルのモザイクの階段も芸術的です。地下はオープンなカフェ「カフェ・アンデパンダン」があります。独自の雰囲気を味わうことが出来るカフェです。

「カフェ・アンデパンダン 」食べログ


このように京都は通りひとつとっても色々な物語があります。明治から昭和にかけて建てられたモダンな建築は今も面影を残したまま活躍している姿はイキイキしています。古都京都の時代が終わった後の京都を感じるのもまた乙なものですよ。

いかがでしたか? 京都は日本人の知識と教養の宝庫です。これからもそのほの一部でも皆さまにお伝え出来ればと思っています。

image by:  京都フリー写真素材

おもしろい京都案内

『おもしろい京都案内』
著者/英学(はなぶさ がく)
毎年5,000万人以上の観光客が訪れる京都の魅力を紹介。特にガイドブックには載っていない京都の意外な素顔、魅力を発信しています。京都検定合格を目指している方、京都ファン必見! 京都人も知らない京都の魅力を沢山お伝えしていきます。

東海道の起点。古都、京都三条通りに残るモダン建築を訪ねる旅
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
 全国 奇跡の絶景No.1が決定! 夏に見たい日本の絶景ランキングTOP10 ★ 2442
 大阪 朝食に肉吸いも。大阪ミナミに続々と出現する「王冠マーク」のホテル ★ 158
 全国 美女が多いのは福岡県、香川はカカア天下…2018県民イメージ調査発表 ★ 1400
 全国 水族館の中まで。暑いのでストリートビューで「納涼」旅します ★ 203
 長崎 廃墟マニアも絶賛。長崎の西に浮かぶ第二の軍艦島「池島」の風景 ★ 435