旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

東海道の起点。古都、京都三条通りに残るモダン建築を訪ねる旅

おもしろい京都案内
おもしろい京都案内
2018/07/31

kyoto20180605-yabetoku旧家邊徳時計店 image by: 京都フリー写真素材

東洞院まで進むと、また赤れんがの洋館が見えてきます。「中京郵便局」です。念のため「チュウキョウ」ではなく、「ナカギョウ」です。明治35年、吉井茂則の設計によるネオルネッサンス様式の建物です。辰野式の赤れんが建築とは少し違います。こちら白い隅石がアクセントになっています。今も現役で郵便局として使われています。郵便局の看板は小さくて分かりにくいですが、建物がれんが造りでとても目立つ郵便局です。

そのすぐ先に現れるのはまたもれんが造りの「京都文化博物館別館」です。市民からは「ブンパク」と呼ばれ親しまれています。この建物は旧日本銀行京都支店です。先ほどの「みずほ銀行」と同じ辰野金吾の設計で、明治39年に建てられたものです。赤れんがに白い帯のアクセントは「みずほ銀行」と同じです。しかし、こちらは塔屋やドーム玄関周りの装飾が豪華です。普段は無料で内部の見学ができるので是非中を見て下さい。内部は創建当時の豪華な内装がそのまま残っています。天井や壁に残る細かい装飾、シャンデリアが素敵です。そして銀行だった当時のカウンターや窓口は、今でもその面影を残しています。

 京都文化博物館別館

三条通りのれんが造りの建物で一番古いのが「旧家邊徳時計店」です。明治23年の建築で木造建築に煉瓦を張っているという珍しい造りです。見上げると、中央のアーチのデザインが凝っていて洒落ています。今はおしゃれな衣料品店になっています。

● 家邊徳時計店

おもしろい京都案内

『おもしろい京都案内』
著者/英学(はなぶさ がく)
毎年5,000万人以上の観光客が訪れる京都の魅力を紹介。特にガイドブックには載っていない京都の意外な素顔、魅力を発信しています。京都検定合格を目指している方、京都ファン必見! 京都人も知らない京都の魅力を沢山お伝えしていきます。

東海道の起点。古都、京都三条通りに残るモダン建築を訪ねる旅
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
 全国 奇跡の絶景No.1が決定! 夏に見たい日本の絶景ランキングTOP10 ★ 2455
 大阪 朝食に肉吸いも。大阪ミナミに続々と出現する「王冠マーク」のホテル ★ 158
 全国 美女が多いのは福岡県、香川はカカア天下…2018県民イメージ調査発表 ★ 1400
 全国 水族館の中まで。暑いのでストリートビューで「納涼」旅します ★ 204
 長崎 廃墟マニアも絶賛。長崎の西に浮かぶ第二の軍艦島「池島」の風景 ★ 435