旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

新・世界遺産登録に沸く長崎市民が、夏にどうしても伝えたいこと

今道剛
今道剛
2018/08/04

当時の面影を肌で感じることが出来る「長崎原爆資料館」

路面電車の浜口町電停から徒歩5分ほどの高台にある「原爆資料館」。改めてご紹介する必要はありませんが「原爆資料館」は原爆が投下された跡地にある平和公園に隣接しており、長崎の原爆投下に関する当時の貴重な資料を展示しています。

長崎原爆資料館のエントランス

長崎原爆資料館の大きな特徴として原爆投下後の長崎の様子を目で、耳で、手で触れて感じることが出来る点と、日本人を含めた外国人被爆者やアメリカ軍関係者のインタビューを観ることできる点です。

原爆資料館の1階の玄関に飾られた千羽鶴の森を抜けて、現代から1945年8月にタイムスリップするかのような螺旋状に伸びる坂を降りて展示室へと向かいます。

玄関ロビーに飾られた各地から送られた千羽鶴
原爆資料館ロビー正面

基本的な構成は常時展示と企画展示の2つに分けられ、常時展示は原爆投下に至った経過や核兵器に関する歴史的な説明など、ストーリーに沿って順序立てて長崎の原爆を勉強することができます。

常時展示は「11時2分」を指して止まった柱時計や爆心地から500mで被爆した浦上天主堂の側壁模型、爆心地から600mの場所で発見された溶けたロザリオなど、長崎の原爆投下時の様子を再現した場所からスタートします。

長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の記事でも紹介した浦上天主堂は、8月15日の「聖母被昇天の祝日」を控え「ゆるしの秘跡(告解) 」が行われていた関係で、多くの信徒が浦上天主堂を訪れていたため全員が即死しています。

原爆投下11時2分を指して針が停まった柱時計
被爆した浦上天主堂の側壁再現造形
被爆した浦上天主堂の側壁再現造形
ロザリオ

その後の展示は、原爆による長崎の被害について。投下された「ファットマン模型」や爆心地から段階的に離れた場所の熱線の影響、熱線で溶けたガラス瓶泡立った瓦、被害を受けた長崎市民の写真の展示と続きます。熱線で溶けたガラス瓶や泡立った瓦は実際に手に触れて当時の状況を身体で感じることができます。

今道剛

長崎生まれ長崎育ち。現在長崎と中国上海を往復する生活。
長崎を離れ長崎の魅力を再認識。愛する長崎の現地情報をお届けします。
メルマガ大人気配信中:上海からお届け!簡単3分、写真で覚える生活中国語

新・世界遺産登録に沸く長崎市民が、夏にどうしても伝えたいこと
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
三井住友カード 旅好きが密かに駆使してるクレジットカードの裏ワザ
 全国 奇跡の絶景No.1が決定! 夏に見たい日本の絶景ランキングTOP10 ★ 2441
 全国 盆休みは、有名観光地が空いている! 宿泊データから算出した狙い目エリア ★ 42
 長崎 祝・日本の新しい世界遺産「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」 ★ 289
 長崎 廃墟マニアも絶賛。長崎の西に浮かぶ第二の軍艦島「池島」の風景 ★ 433
 長崎 【世界遺産】朽ち果てた廃墟「軍艦島」は生きてる間に絶対見たい ★ 311
 長崎 「皿うどん」にウスターソースをかける人は、ほぼ長崎市民です ★ 1232
 長崎 カステラが一番の長崎県民が、本当にオススメする本場の名店7選 ★ 96