旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

天国に思える絶景。北海道トマムで出会える奇跡の「雲海」

小林繭
小林繭
2018/09/01

トマムを満喫するなら「星野リゾート トマム」

早朝に「雲海テラス」に行って、この時期のトマムを思い切り満喫するためにも、トマムに行ったらトマムエリアでのステイが必須です。トマム山の麓にある「星野リゾート トマム」は、東京ドーム213個分もの広大な敷地を有するリゾートで、雲海を目的とするなら間違いなくこちらが一番便利。

星野リゾート トマム

トマムの大自然を満喫する最高のロケーションで、のんびりと新鮮な空気を吸い込み、緑色に輝く森林の景色や朝陽や夕陽に染まる山の色彩に見惚れ、雲海や星空が見せてくれる大自然のエネルギーに感動する休日とは、想像しただけでも超リラックス旅の極みです。

ホテルを拠点として観光に出るのではなく、滞在型を提案するリゾートなので、広大な敷地にはさまざまな趣向が凝らされた施設が並びます。飲食スポットの充実もかなりのレベルで、リゾート内レストランのほかにも多種多様なチョイスができるのも嬉しいポイント。

「ホタルストリート」と呼ばれるウッドデッキが繋がる施設には、イタリアン、ステーキ、カフェ、ラーメン店ほか、各種グルメショップが並んでおり、散策とともに楽しむことができます。

星野リゾート トマム

また、リゾートでは牛や馬、羊や山羊たちを飼育しているので、季節限定で牧場の中のんびり過ごすような気分を味わえるのも特徴。

星野リゾート トマム
まるでハイジのベッドを思わせる「牧草ベッド」

牧草を敷き詰めた「牧草ベッド」(〜10月15日まで)や、羊の数を数えながらお昼寝できる「羊とお昼寝ハンモック」(〜9月30日まで)といったユニークなコーナーでは、高原リゾート気分も満喫できます。野生のキツネやウサギをはじめ、シカやライチョウが姿を現すこともあるそうなので、動物たちと出会えたら超ラッキーです。

波で遊べるプール「ミナミナビーチ」

さらには、日本最大級30m×80mの屋内ウェィブプール「ミナミナビーチ」もあり、山に滞在しながらビーチに繰り出すこともできるという凝った造りです。こう書くと色々な施設がギュッと詰まったアクティブ派リゾートのようにも聞こえますが、そこは北海道! 

とにかく敷地がものすごく広大なため、大きなリゾート村に滞在するようなイメージで、喧騒とは無縁。どこまで行っても視界に映るのは広大な山々の緑です。新鮮な山の空気と大自然に囲まれた滞在は、それだけでリトリートに値するもの。雲海との組み合わせならもう言うことはありませんね!


自然の中で五感を解放、ココロも身体も喜ぶトマムの自然とアクティビティ

緑が美しいこの季節、原生林が生い茂るトマムはマイナスイオンに満ちあふれています。360度の大パノラマで、山や高原の緑にふち取られたフォトジェニックな景色を堪能しながら、鳥や虫たちの鳴き声に耳を澄ませたり、大きな空を見上げたり…。

施設のみならず、環境自体があまりにも素晴らしいので、ただそこにいるだけで心も身体もリフレッシュでき、大満足。うだるような暑さのコンクリートジャングルから抜け出して、爽涼感にあふれる自然の中に身をおけば、それだけで五感がこんなにも大喜びすることを発見するはず。

星野リゾート トマム

欲張ってもっと間近で自然のエネルギーを感じたいなら、カヌーで湖や川の散策へ。清々しいこの季節の北海道は想像以上に色彩豊かで、水面に映る自然を眺めてみれば、うっとりするほど美しいグリーンのグラデーションに彩られていることに気づきます。

もっとワイルドに楽しみたい人は、ラフティングにチャンレジ。清流の水しぶきに身も心も洗われて実に気分爽快!

高原の花々が種類豊富に咲き誇るこの季節は、林道や川縁などどこを歩いていても美しく揺れる花の姿にも癒されます。トマムや周辺の富良野にはラベンダー畑が点在することで有名ですが、ラベンダーのほかにもサルビア、コスモス、ダリアなど、さまざまな花を楽しむことができます。

野花や山の花の観賞にも適した季節なので、「雲海テラス」を楽しんだあとは、植物や景色を愛でながらトマム山の頂上を目指すのもおすすめ。ゴンドラ山頂駅から山頂までは、標高差150m、距離約600m、所要時間およそ40分の登山コースになっています。運が良ければ山頂から360度の大パノラマで雲海が見られるかもしれません。

また、「GAOアウトドアセンター」では、体験乗馬(1名3,500円)も楽しめます。馬に乗り、普段よりも高い目線でこの広大な景色に触れると、いつもとは違った世界に出会います。風を感じたい人は乗馬に挑戦してみては?

自然と一体となる静寂の中の美しさ、安藤建築「水の教会」

さて、自然の素晴らしさとともにトマムを訪れたなら忘れてはならないのが「水の教会」の存在。日本を代表する建築家・安藤忠雄氏のデザインで、光の教会(大阪)・風の教会(兵庫)と並ぶ教会三部作のひとつとして知られています。

水の中に建つ十字架がシンボルの「水の教会」

トマムの大自然の中に溶け込むよう水面に佇む十字架は、息を呑む美しさ。晴れた日には鮮やかな光の中で、雨の日には水墨画の描く色彩の中で、美しく輪郭を際立たせます。静寂の中に広がるのは、まるで自然との境界線が存在しないかのような、完璧に自然と一体化した空間です。

こんな教会で結婚式を挙げれたらそれだけで

この「水の教会」はウェディング利用でも人気が高く、ここで結婚式を挙げたら一生忘れないドラマティックなウェディングになること間違いありません。これからウェデングに予定があるという人は、密かに式場候補リストに入れておきましょう。

観光地情報

小林繭

東京生まれ、湘南生息中のフリー編集ライター。沖縄、ハワイ、島、旅モノやロハスネタを発信中。All About沖縄ガイド。目下、踊れる編集ライター目指し趣味のフラメンコに取り組む日々。

天国に思える絶景。北海道トマムで出会える奇跡の「雲海」
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
Adobe(アドビ システムズ 株式会社) 詐欺なんて言わないで。旅行中の「失敗写真」を奇跡の1枚に直してみたぞ
 東京 外国人が穴場だと思う、東京の裏観光スポット ★ 281
 国内 1位は奄美大島。2018年夏、人気急上昇の「離島」ランキング ★ 1629
 東京 日本一美しい「本棚」と言われる、文京区「東洋文庫ミュージアム」 ★ 237
 北海道 「Google Mapに北海道みたいな池がある」→かなり北海道だった! ★ 34
 全国 「Suicaは日本中どこでも使える!」と思ったら、あの地域はエリア外 ★ 55