旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

鳥取vs吉祥寺。日本一住みたい田舎が「東京の生活」を挑発

TRiP EDiTOR編集部 n
TRiP EDiTOR編集部 n
2018/09/01

日本一住みたい田舎「鳥取市」が、住みたい街ランキング常連の「吉祥寺を挑発するポスターを作成、合計18種類のメッセージポスターが、吉祥寺駅に貼り出されました。一体どんな煽り文句でアピールしているのでしょうか。早速見てみましょう。

待機児童ゼロなので、待機ストレスもゼロ

とにかくご近所付き合いが濃い

行列のできるパンケーキ、鳥取にもあるよ

何も「ナシ(梨)」という贅沢

井の頭公園に住んでる気分が味わえます

古い街並み、いいでしょう?

通勤?いいえ、みんなでお散歩です

なんでもチャレンジできます、まだ何もないから

絶景の中、船通勤しています

砂丘はデッカいお砂場だ!

動物カフェより癒される!?

副業という、しあわせ。

ジビエだ!全員集合ー!

健康長寿は、笑って伸ばします

満員電車はないけど、ぎゅうぎゅうです

白バラ牛乳に魅せられて

自然の生き物たちで賑やかです

海外からの定住者もいます

これらのポスターは、「住みたい田舎」ランキングで総合部門1位を獲得した鳥取市が提供する田舎暮らし体験プログラム「すごい!鳥取市ワーホリ!」の告知用に制作されたもの。この人気のワーホリプログラムは、今年3年目を迎えます。

パワーアップしたワーホリプログラム

3年目となる2018年の「すごい!鳥取市ワーホリ」は、鳥取市とその周辺6町エリアを拡大。暮らしをリアルに体験できる2泊3日のお試し体験ツアーとして、5組15名(1組最大3名)の方を支援金付きで招待する特別モニターキャンペーン。
昨年話題となった都会での仕事に疲れた方にお勧めの「ストレスOFF保証プラン」や、カラダも心もキレイになりたいという方にお勧めの「わたし巫女になる!リアルみそぎプラン」に加えて、女性ハンターのもとで狩猟体験ができる「ハンター×ハンター×ハンター!プラン」が追加されました。

ポスターの幸せそうな笑顔を見て、ちょっとうらやましいな…と思ってしまった方は、ぜひ今年のワーホリプログラムに参加してみてくださいね。

TRiP EDiTOR編集部 n

TRiP EDiTORは、「旅と人生をもっと楽しく編集できる」をコンセプトに、旅のプロが語りつくす新しい旅行メディアです。

鳥取vs吉祥寺。日本一住みたい田舎が「東京の生活」を挑発
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
 全国 【決定】日本人が最も住みたい田舎ランキング、総合1位は鳥取市 ★ 1812
 鳥取 この家、樹木の上に建っています。鳥取にできた憧れのツリーハウス ★ 235
 鳥取 全国区だって! 鳥取県民の自慢「白バラ牛乳」の由来を確かめてきた ★ 337
 全国 そうだ夜空を見上げよう。美しい「星空」で観光客誘致がじわじわ人気 ★ 472
 鳥取 80歳すぎたから恩返し。鳥取のオジイが手作り開業した回転焼き屋 ★ 58
 全国 あの有名企業の発祥地はココだった。自慢したい企業の地元20選 ★ 892
 全国 なぜ島根が1位?外国人観光客に人気の旅行エリアランキング ★ 1967