旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

日本人が世界一許せないことって?「ホテルマナー」に関する国際調査

TRiP EDiTOR ニュース
2018/09/05

旅行の際に重要なのは人気観光スポットなどの目的地、そして旅の拠点となるホテルです。目的地からの距離や価格帯、さまざまなレビューなどを参考にホテルを決めるも、客室の清掃が行き届いていなかったり、フロアが騒がしかったりと「ホテルマナー」がいまいちで、後悔したことがある方もいるかと思います。

今回、そんなホテルマナーについて、エクスペディア・ジャパンが、日本、韓国、アメリカなど世界23ヶ国で、1年以内に飛行機に乗り、ホテルに宿泊した男女18,229名を対象にアンケートを行いました。早速見て見ましょう。

日本人が最も許せないのは「シャワー室に髪の毛が落ちている」こと

「ホテルの部屋にチェックインした際にあったら嫌なこと」というアンケートに対し、日本人から上がった回答は、「ベッドに髪の毛が落ちている(50%)」、「タバコなどの悪臭がする(43%)」、「トコジラミがいる(34%)」など。

その中でも、世界で最も割合が高かったのが「シャワー室に髪の毛が落ちていること(38%)」が許せない人。銭湯やスパなど公衆浴場の文化が発達しており、一人ひとりルールを守って清潔に保つ、日本人ならではの感性ではないでしょうか。

日本人が迷惑だと思う第1位は「子どもを放置する親」

続いて「ホテルで迷惑だと思う人」というアンケートに対し、第1位となったのは「子どもを放置する親(44%)」。

2位「廊下でうるさくしている人(37%)」、3位に「近隣の部屋でうるさくしている人(36%)」と続いていることから、ホテル内で周囲を気にせず騒いでしまうことを嫌う傾向があるのかもしれませんね。

日本人が部屋を変えてもらう理由第1位は「部屋が汚い」

観光地で思う存分遊んで、ようやく休めると倒れ込んだ部屋。疲れきった身としては、部屋を変えてもらうことは面倒ではありますが、その面倒を押してまでも変えてもらう理由として、日本人の中で1位となったのは「悪臭がしたり、シーツが汚れていたりと部屋が汚い」でした。

その内訳はなんと80%もあり、日本人が清潔感を大切にしていることがわかります。

また、2位には「近隣の部屋や外でうるさい人がいる(51%)」がランクインしており、「ホテルで迷惑だと思う人」の上位とやや重複していることから、周囲を気にしない、他人への気遣いがないことに対して、日本人は厳しい目を持っているようです。

自分はもちろん周囲の人にとっても良い思い出になるように、互いに少しずつ気遣って、より良い旅行にしたいものですね。

source: PR TIMES

image by: Shutterstock.comPR TIMES

TRiP EDiTORは、「旅と人生をもっと楽しく編集できる」をコンセプトに、旅のプロが語りつくす新しい旅行メディアです。旅行に関するトレンドニュースをお届けします。

日本人が世界一許せないことって?「ホテルマナー」に関する国際調査
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
株式会社KPG HOTEL&RESORT 美しい海を目の前に。愛犬と「アイランド ナガサキ」で過ごす癒し旅
 埼玉 30秒ですぐ絶景。埼玉の秘境「三波渓谷」で出会った神秘的な景色 ★ 120
 四国 【クイズ】実は四国のことがよくわかってないかもしれない4択クイズ ★ 441
 国内 夜の動物園に、夜の水族館……全国で人気拡大「夜の○○」施設 ★ 129
 全国 「まずいみかん」で一発大逆転!あの田舎が地方創生できたわけ ★ 43
 全国 【決定】日本人が最も住みたい田舎ランキング、総合1位は鳥取市 ★ 1814