旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

18歳以上限定。伝説のスラム街「九龍城塞」が川崎に蘇る

さらに3Fへ上がると「九龍城」の全景が見えてきます。

テラスから下を覗くと、屋根の上にはゴミが散らばっているのがわかります。

よりリアリティを追求するため、これらのゴミや看板などは台湾から空輸して設置しているんです。こういった細かなこだわりによって、人の息遣いさえ感じるような空気を作り上げています。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

miyuki.mさん(@miyuki_matsushita_)がシェアした投稿

ちなみに3Fからは一転してラグジュアリーな雰囲気になっていて、メダルゲームが中心です。4Fはダーツやビリヤードなど、体験型ゲームがそろっており、5Fはリッチな内装のインターネットカフェ。上から下まで丸一日、大人が楽しめる魅力が詰まっています。

また同店は18歳未満入場禁止のため、アミューズメント施設でありながら落ち着いた雰囲気であることも人気のひとつです。

現代に蘇ったかのような「九龍城」の街並みを見に、お出かけしてみてはいかがでしょうか。

  • image by:ミズサワカノン
  • ※掲載時点の情報です。内容は変更になる可能性があります。
  • ※ウェアハウス川崎は2019年11月17日に閉店しました(追記2020/01/14)。
いま読まれてます

平成生まれ、神奈川県川崎市出身、浅草在住。雑誌・Webの編集者です。ライターとしてフリーランスでも活動しています。ホテル宿泊マニアで、お酒とカメラとドライブが趣味。

お問い合わせ・お仕事のご依頼はこちら

 国内 なぜ1位に宮城? 外国人の夏休み旅行で人気急上昇のエリアランキング ★ 1330
 海外 機内食の人気第1位は「ビーフ」、チキンやスペシャルミールも ★ 130
 国内 ここの郷土料理は美味しいと思う「都道府県ランキング」TOP10 ★ 720
 中国 ウォン・カーウァイも貸切。上海のエッジの効いたブティックホテル ★ 8
 広島 かつて「地図から消された島」が大人気。伝説のうさぎ島「大久野島」を訪ねて ★ 518
18歳以上限定。伝説のスラム街「九龍城塞」が川崎に蘇る
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます