ジモトのココロはTRiP EDiTORに生まれ変わりました。

ワンコインで楽しめる。日本酒好きの聖地、新潟「ぽんしゅ館」がアツい

御田けいこ
御田けいこ
2018/10/10

新潟県はお米の名産地でもあり、国内屈指の酒どころでもあります。300年前の江戸時代から続く酒蔵も多く、新潟といえば日本酒というイメージをお持ちの方も少なくないのでは? 今回は新潟で日本酒の飲み比べができる人気スポット「越後のお酒ミュージアム ぽんしゅ館 新潟店」についてご紹介します。新潟越後の93蔵の日本酒を飲み比べできるだけでなく、お酒が飲めない方でも楽しめるのでぜひ参考にしてみてくださいね。

とある所用で新潟市内へ行くことになったので、新潟出身の友人にオススメのスポットを尋ねてみました。移動のことを考えるとできれば駅チカで、新潟ならではのものを楽しめるところが良いのだけど・・・と伝えると、「越後のお酒ミュージアム ぽんしゅ館に絶対行くべき!」とのお達しがありました。

しかし、筆者は下戸なので日本酒専門をすすめられても楽しめるかどうか不安。友人は「とにかく行けば楽しめるから!」の一点張り。戸惑いつつもせっかく新潟に来たのだから行くしかないと思い、向かってみました。

ぽんしゅ館 入り口

「越後のお酒ミュージアム ぽんしゅ館 新潟店」の場所はJR新潟駅に隣接するCoCoLo西館3階にあります。「越後・魚沼のドラマを食で語る」をコンセプトに、米どころ新潟の食文化を発信するテーマ型レストラン・ショップです。日本アルプスのリゾートタウンとして知られる越後湯沢駅で1号店が開業し、新潟市内でも展開されたのが5年前とのこと。入り口ではお酒をこよなく愛していそうなおじさまの像がお出迎えしていました。

店内

「ぽんしゅ館」というだけあり、新潟県は言わずと知れた酒どころで、県内にはなんと93もの酒蔵が存在するといいます。その93という数字を冠した「利き酒番所93」へ行ってみました。

友人のイチオシだったので、どんな場所なのかと思い、入ってみると・・・

御田けいこ

人生の設定は「いつでも、どこでも、食いしん坊バンザイ!」。人に会い、土地を歩き名物にふれ、郷土の味をあじわいつくす、をテーマに今日もどこかを踏みしめ歩いています。広島県生まれ。

ワンコインで楽しめる。日本酒好きの聖地、新潟「ぽんしゅ館」がアツい
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
 神奈川 球場で飲むビールは最&高。進化する「球団オリジナル」ビール ★ 24
 長崎 長崎県民が教える、ふらり一人旅でも入りやすいカウンターのある居酒屋 ★ 239
 その他のエリア 韓国人と中国人が気になっていた、日本とは微妙に違う礼儀作法 ★ 193
 国内 ここの郷土料理は美味しいと思う「都道府県ランキング」TOP10 ★ 343
 徳島 今が旬。徳島のすだちを阿波地鶏とともに堪能できるグルメフェア ★ 79
 国内 1位は奄美大島。2018年夏、人気急上昇の「離島」ランキング ★ 1624