旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

疲れた時に何でリフレッシュする? 男女でビミョーに異なる方法

Array
2018/09/28

「仕事や家事で忙しい」「人間関係がうまくいかない」「嫌なことがあった」など、日常生活にストレスは付きもの。そんな時、上手なリフレッシュ方法があったらいいですよね。

今回、求人サイト「エンバイト」が、サイトユーザーの「リフレッシュ方法」を聞き、アンケート結果を発表しました。さっそく、ご紹介します。

リフレッシュ方法TOP3

回答者の59%が回答したリフレッシュ方法の第1位は「おいしいものを食べる」という結果になりました。特に女性の回答率が高く、なんと63%もの女性がリフレッシュとしておいしいものを食べているようです。

image by: Shutterstock.com

続いて多かったのは第2位「とにかく寝る(44%)」、第3位「お風呂にゆっくり入る(30%)」となりました。のんびり過ごして、溜まった疲れをとりながらリフレッシュするという人が多いようですね。

そのほかのリフレッシュ方法は?

image by: Shutterstock.com

同率3位の「ショッピングをする(30%)」は、男性の回答が11%だったのに対し、女性の回答は30%と3倍近く多い結果となりました。女性にとってショッピングは気軽に気分転換できる手段でもあるようです。

image by: Kittichai / Shutterstock.com

自然に触れる(26%)」という回答が次点にあがりました。これからの季節なら少し足を伸ばして紅葉を見に出かけたりと、日常の喧騒から離れて自然に触れれば、心からリフレッシュすることができそうです。また「フルーツ狩り」に出かけて、グルメも自然も楽しむのもいいですね。

image by: Shutterstock.com

また、出先で時間を過ごすことによってリフレッシュするという「旅行に出かける(23%)」という方法も回答が集まりました。知らない地に旅に出て、普段と違う景色や食べ物を体験すれば、明日からの活力にもなりそうです。

また、そのほかのリフレッシュ方法は以下になります。リフレッシュ方法を回答数が多い順、また男女別にまとめています。

「ショッピング」以外にも、「誰かに話を聞いてもらう」だと、女性33%に対し男性は10%と差があります。性別によって求める内容に差が出るのも、興味深い結果ですね。


忙しい現代人にとって、リフレッシュは必要不可欠。頑張るのもいいけれど、たまには一息つくのも大切です。暑くなったり涼しくなったりと不安定な気候で、体も疲れがちになっています。この機会に旅行に出かけたり、美味しいものを食べに少し足を伸ばしてみてはいかがでしょうか。

source:@Press

いま読まれてます

平成生まれの編集・ライター。旅行ガイドブックを手がける編集プロダクションで修行を積み、現在はふらふらしている。好きな国は街歩きが楽しい台湾。

 国内 ここの郷土料理は美味しいと思う「都道府県ランキング」TOP10 ★ 452
 国内 1位は山口。日本全国「道の駅」人気ランキング2018年が発表 ★ 92
 国内 1位は奄美大島。2018年夏、人気急上昇の「離島」ランキング ★ 1634
 海外 3位台湾、2位ソウル、1位は? 好きな「海外の空港」調査結果 ★ 387
 三重 きっかけは学校給食。三重県津市の名物になった巨大餃子「津ぎょうざ」 ★ 1464
疲れた時に何でリフレッシュする? 男女でビミョーに異なる方法
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます