旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

興奮と感動を呼ぶアート体験。旅好きが選ぶ、最高の美術館10選【2018】

TRiP EDiTOR ニュース
2018/11/16

第2位 藤城清治美術館/栃木県那須町

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

nonさん(@corinonpe)がシェアした投稿

藤城清治美術館」は、芸術作家である藤城清治の制作活動の集大成として開館された、劇場型美術館です。

代表作や名作はもちろんのこと、セットの裏側が見れるミニ影絵劇の回転舞台、天井や床などに映像が映し出されるプロジェクションマッピングなどが楽しめます。

「影絵ファンで見にきました。たくさん見るところがあって1,600円では安いと感じました! 」などファンからの口コミが寄せられ、作品の中に入り込んだような世界観が評価されました。

観光地情報
  • 藤城清治美術館
  • 栃木県那須郡那須町湯本203
  • 0287-74-2581
  • 一般(高校生以上)1,600円、中学生以下1,100円
  • 9:30~17:30
  • http://fujishiro-seiji-museum.jp/
  • 毎週火曜日(祝日の場合は開館)/年末年始 ※詳細は公式サイトへ

第1位 豊島美術館/香川県土庄町

今回第1位となったのは、香川県の高松からフェリーで30分ほどに位置する豊島にある「豊島美術館」でした。瀬戸内海を望む小高い丘の上にあり、休耕田となっていた棚田を活用しています。

建屋はまるで水滴のような外観をしており、柱が1本もないコンクリート・シェル構造で、天井にある2カ所の開口部からは周囲の風や音、光が内部に取り込まれます。「美術館というより芸術空間」、「美術館の概念がかわりました」、「こんな美術館初めて」といった口コミが多く寄せられ、自然とアートが融合された空間に多くの票が集まりました。

観光地情報

今回のランキングでは、展示物だけでなく、美術館の建物や庭園などの風景とともに楽しんでいるという口コミが多く見られました。建築物としても美しい美術館も多く、また展示物や併設施設などにもさまざまな趣向が凝らしてあるのも魅力のひとつですね。

ぜひ、今回のランキングを芸術の秋を楽しむきっかけとして参考ににしてみてください。

source:PR TIMES

※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。


※内容に誤りがあったため、一部修正いたしました。(2018年11月19日)

TRiP EDiTORは、「旅と人生をもっと楽しく編集できる」をコンセプトに、旅のプロが語りつくす新しい旅行メディアです。旅行に関するトレンドニュースをお届けします。

興奮と感動を呼ぶアート体験。旅好きが選ぶ、最高の美術館10選【2018】
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
 福井 天空にできた大人の秘密基地。自然との一体感を楽しめる「ツリーイングキャンプ」 ★ 316
 国内 4位に金沢、離島も人気。平成最後の夏、最も注目を集めた人気観光地は? ★ 3
 国内 大学の紅葉はきれいだった……学生時代を思い出す秋のキャンパス散策 ★ 384
 全国 1位は徳島。夏の国内旅行、今年の人気上昇ランキングで四国に関心集まる ★ 1937
 大阪 5ヶ月で100万人突破!話題の新ミュージアム「ニフレル」のココがスゴい ★ 60