旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

「MOSHI MOSHI ROOMS」、若者の街・原宿にあえて泊まるということ

TRiP EDiTOR ニュース
2019/01/13

旅行に出かけた際、目的地と同じぐらい重要なのが、宿泊先の選定です。アクセスの良さやサービスの良さなど、宿泊先を選ぶ基準はそれぞれありますが、泊まることが“体験”になるような「コンセプト」ホテルが、いま注目を集めています。

今回、原宿のポップカルチャーの最前線をクリエイトする「アソビシステム株式会社」が、新たなホームシェアリング施設 「MOSHI MOSHI ROOMS 」の第1弾である 「SAKURA」プロデュース・オープンしました。

原宿に現れたユニークな宿「MOSHI MOSHI ROOMS」

MOSHI MOSHI ROOMS」は、ほかのホテルやホームシェアリング施設には無い、オリジナリティあふれるコンセプトルームとしての宿泊サービスを展開しています。その第1弾ルームのコンセプトとして今回オープンしたのが、日本を象徴する「SAKURA」です。

同施設はJR原宿駅から徒歩約10分の好立地。入り口もポップ&キュートで、原宿らしさをとことん実感することができますね。

目が覚めるようなピンクの通路を進んでお部屋へ。

日本の桜(SAKURA)は、その神秘的な姿を一目見ようと海外からも多くの観光客が訪れるほど人気です。同施設のベッドルームには、その日本の象徴ともいえる桜のモニュメントが天井を埋め尽くしており、ただ「寝るだけ」になりがちな空間を華やかで楽しい雰囲気に変化させています。

ピンクを基調としたインテリアで、空間全体で桜を感じることも可能です。部屋の中央には「桜」の文字をネオン管でデザイン。思わず写真を撮りたくなるようなかわいらしいネオンサインです。

広々としたパウダールームもピンクが基調で、どこまでも「KAWAII」が満ちあふれています。

 

屋上はレトロゲームの世界に紛れこんでしまったかのような、少しサイケデリックで不思議な雰囲気。原宿の街並み一望することができます。各種パーティやイベントなどの開催も可能です。

「MOSHI MOSHI ROOMS」は、今後も同ビル内外のほか、さまざまな不動産物件をリノベーションし、原宿エリアに多くのコンセプトルームをオープンしていく予定だそう。第2弾、第3弾と、どのようなユニークな部屋に出会えるか楽しみですね。

ただ泊まるだけでなく、宿泊自体を楽しめる新しいホテル、ぜひ体験してみてはいかがでしょうか。

source:PR TIMES

※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。

TRiP EDiTORは、「旅と人生をもっと楽しく編集できる」をコンセプトに、旅のプロが語りつくす新しい旅行メディアです。旅行に関するトレンドニュースをお届けします。

「MOSHI MOSHI ROOMS」、若者の街・原宿にあえて泊まるということ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
 全国 東京の食パン薄すぎ…関東と関西の違い「あるある」ランキング ★ 510
 全国 1年でほんの数秒間、大都市から人が消える瞬間を切り取った写真 ★ 320
 東京 アメリカが認めたベストブランチ。日本初上陸の「バターミルクチャネル」がオープン ★ 56
 東京 おばあちゃんの原宿「巣鴨」で、なぜ大学生が盆踊りで街おこし? ★ 238
 東京 スペース無料で電源もOK。表参道にある「ホテル開業準備室」って何? ★ 104