旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

注目を集める埼玉、千葉。2018年、人気が上昇した都道府県は?

Array
2019/01/19

人気の旅行先は、定番からその時々のトレンドによって変わります。それでは、2018年は一体どのような場所が人気を集めていたのでしょうか。

この度、旅行予約サービス「楽天トラベル」が、2018年1月1日2018年12月31日の国内旅行の予約人泊数をもとに、「2018年国内旅行先 年間人気上昇都道府県ランキング」を発表しました。さっそく、ランキングの結果を見ていきましょう。

沖縄県の人気がさらに伸びた1年に

  • 第1位 沖縄県(前年同期比+17.7%)
  • 第2位 千葉県(前年同期比+16.4%)
  • 第3位 埼玉県(前年同期比+15.6%)
  • 第4位 奈良県(前年同期比+14.6%)
  • 第5位 大阪府(前年同期比+14.4%)

2018年は、国内有数の人気旅行先・沖縄県がさらに伸びた一年となりました。この伸びの背景として、2018年に引退したアーティスト・安室奈美恵安さんによる沖縄県観光プロモーションへの協力やコンサートなどが大きく貢献したと考えられています。

image by:simamusume/Shutterstock.com

また、石垣島や宮古島など離島への直行便の新規就航や増便、運休再開があり、東京や愛知・福岡など都心部からのアクセスが向上しています。

エリア別にみると、「宮古島・伊良部島」エリアが前年同期比+32.4%(約1.3倍)と成長をけん引したそうです。宮古島では昨年より大型や高級宿泊施設の開業が相次ぎ、好調に人泊数を伸ばしています。

新規ホテルのオープンが千葉県の観光人気を下支え

image by:SandraSWC/Shutterstock.com

2位の千葉県は2年連続でのランクインです。県内では「舞浜・浦安・船橋・幕張」エリアが前年同期比+19.2%(約1.2倍)、「市原・木更津・君津・富津・鋸南」エリアが前年同期比+19.0%(約1.2倍)と特に好調になっています。

2018年、舞浜エリアにあるテーマパークが開園35周年のイベントが開催され、4月〜9月の入場者数が過去最高を記録。近隣エリアでは、新規ホテルが次々とオープンしたことも、千葉県の観光人気を下支えしています。

ラグビーの国際試合を控え注目される埼玉県の熊谷エリア

熊谷の桜堤(image by:aki_tk/Shutterstock.com)

3位にランクインした埼玉県は、「熊谷・深谷・本庄」エリアが前年同期比+22.9%(約1.2倍)と特に好調でした。なかでも熊谷エリアは2019年にラグビーの国際試合を控え、10月にはこけら落とし記念試合が開催されるなど、注目を集めています。

秩父鉄道(image by:CHEN MIN CHUN/Shutterstock.com)

また、前年同期比が+16.3%(約1.2倍)と高かった「秩父・長瀞」エリアは、池袋から電車で1時間半という立地にもかかわらず、春はポピーや芝桜、夏はホタル、秋は紅葉、冬は氷柱と、四季が巡るごとにさまざまな自然を楽しむことができるため、都心から近い自然体験エリアとして人気を集めているようです。


埼玉・千葉など、一見意外にも見えますが、内容を見れば納得の県が2018年上位にランクインしました。2019年ははたして、どこが人気となるでしょうか。いまからも楽しみですね。

source:PR TIMES

image by:yukihipo/Shutterstock(江川海岸潮干狩場/木更津)

※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。

いま読まれてます

TRiP EDiTORは、「旅と人生をもっと楽しく編集できる」をコンセプトに、旅のプロが語りつくす新しい旅行メディアです。旅やお出かけに関するトレンドニュースをお届けします。

WebSite / Twitter / Facebook / Instagram / Mail magazine

 国内 ビール大好きドイツ人が選んだ、本当に美味しい「日本のビール」ランキング ★ 2899
 全国 「すごい」を意味する方言が、全国47都道府県で全部違っててすごい ★ 7318
 全国 【続】地元出身者をイラッとさせる、言ってはいけない一言シリーズ ★ 1022
 東京 非公開: なぜディズニーランドの入口は1つなのか?そこに隠された深いワケ ★ 104
 大阪 会話の最後に「知らんけど」…大阪府民あるある15選 ★ 722
注目を集める埼玉、千葉。2018年、人気が上昇した都道府県は?
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます