旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

パンビュッフェで幸腹タイム。渋谷ヒカリエ「MAISON KAYSER Table」誕生

村田由美子
村田由美子
2019/03/19

2001年に東京高輪に出店し、2019年で18年目を迎える、大人気のブーランジェリー「メゾンカイザー」。オリジナルの小麦粉に高品質バターを使用し、天然酵母による低温長時間発酵を用いるというフランスの伝統製法で作られたパンを提供し続けています。

そのメゾンカイザーが、新たな試みとして2019年1月22日(火)にダイニングレストラン「MAISON KAYSER Table(メゾンカイザー テーブル)」を渋谷ヒカリエにてオープンしました。

同店では、なんとメゾンカイザーの珠玉のパンを「ビュッフェ」として食べ放題。早速、その概要をチェックしてみましょう。

メゾンカイザーのパンを満足いくまで楽しめるパンビュッフェ

「MAISON KAYSER Table」は「パンのある食卓をゆっくりと楽しむ『テーブル』」をコンセプトとした、メゾンカイザー初のダイニングレストランです。

ランチ・ディナー共に魅力的なメニューがズラリと並んでいますが、今回の注目はなんと言っても、ランチで提供される「パンビュッフェ」です。

こだわり抜いたメゾンカイザーのパンの数々を満足いくまで楽しめるこのビュッフェに並ぶパンは、その数なんと20種類以上

なかでも、北海道で作られてから一度も冷凍せずにチルドで運ばれてくる最高級バターMKファーメントバター」を使用した大人気のクロワッサンが食べ放題なのは、あまりにも魅力的です。

パスタやカレー、ハンバーグなどの料理をパンの上に乗せたり、濃厚なソースにパンを浸したりと、思う存分パンを堪能することができます。

鶏もも肉とグリル野菜のクリームシチュー/1,923円(税込)

ディナーでは、メゾンカイザー独自のフランスパン用小麦粉「メゾンカイザートラディショナル」を配合し、このメニュー専用に作られた器ごと食べられる「パンの器」に、12種類のサラダやシチューを入れた「ブレッドボウル」を見逃せません。


北海道産牛リブロースのトリュフドレッシングサラダ/1,923円(税込)

サラダに贅沢な霜降りのリブロースをトッピングし、トリュフオイル配合のドレッシングでトリュフの香りを存分に堪能できる「北海道産牛リブロースのトリュフドレッシングサラダ」、たっぷりの鶏もも肉とグリル野菜を煮込んだクリームシチューが染み込んだ「鶏もも肉とグリル野菜のクリームシチュー」など、ブレッドボウルだけでも目移りしてしまうラインアップになっています。

バリエーション豊かなメニューを楽しめる、パン好き必見のダイニングレストラン「MAISON KAYSER Table」。ぜひ一度、足を運んでみてはいかがでしょうか。

  • MAISON KAYSER Table (メゾンカイザー テーブル)
  • 住東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ 7F
  • 渋谷
  • 月〜土 11:00〜23:30 /日 11:00〜23:00
  • http://maisonkayser.co.jp/

source:PR TIMES

※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。

 

ライター歴14年。美容師として働いていた時に出会った映画『ロード・オブ・ザ・リング』三部作に多大な影響を受けライターへと転身、多数の現場取材やインタビューを行う。海外プレミア/レッドカーペット・イベントへ足を運ぶことがライフワーク。

パンビュッフェで幸腹タイム。渋谷ヒカリエ「MAISON KAYSER Table」誕生
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい