旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

知ってたらスゴい…!読めそうで読めない東北地方の「難読地名」ランキング

日本全国、各地にはさまざまな名称が付けられています。「ひらがな」や「カタカナ」なら、知らない市町村でも初見で読むことができますが、なかには「この漢字、なんて読むんだろう…」と、難しい読み方の地名も少なくありません。

この度、ランキングサイトであるgooランキングが「東北地方の難読地名」をアンケート調査を実施しました。今回はそのランキングのなかから10の「東北地方の難読地名」をご紹介いたします。

※本記事は新型コロナウイルス感染拡大時のお出かけを推奨するものではありません。新型コロナウィルスの海外渡航・入国情報および各施設の公式情報を必ずご確認ください。

第10位 撫牛子/青森県弘前市

JR「撫牛子駅」image by:東京特許許可局, CC BY-SA 3.0, via Wikimedia Commons

10位には、青森県弘前市の「撫牛子ないじょうし)」がランクインしました。もともとは撫牛子村という村でしたが、現在では弘前市の地域の一部となっています。

なぜ、このような読み方をするのか、現在のところ残念ながらその由来はわかっていません。

第9位 高擶/山形県

JR「高擶駅」image by:東京特許許可局, CC BY-SA 3.0, via Wikimedia Commons

かつて山形県にあった「高擶たかだま/たかたま)」が第9位にランクインしました。この村は、現在は廃止されており、山鹿県天童市にある「高擶たかたま」として名前が残っています。

そもそも「擶」という漢字自体が普段使わない珍しいですよね。読み方についても「だま」とする場合と「たま」とする場合があります。

第8位 象潟町/秋田県にかほ市

天然記念物「象潟」九十九島 image by:photolibrary

第8位には、秋田県にかほ市の「象潟町きさかたまち)」がランクインしました。「象潟」と書いて「きさかた」と読むとは、これ知らないと読めそうにないですよね。「ぞうかた」あるいは「しょうがた」などと読んでしまいようです。

この町には「象潟」と書いて「さきかた」と呼ぶ天然記念物の景勝地があり、それが地名の由来になりました。


いま読まれてます
知ってたらスゴい…!読めそうで読めない東北地方の「難読地名」ランキング
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます