旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

これぞ北海道民のソウルフード。「やきそば弁当」ガチ食べ比べ

Array
2019/08/25

やきそば弁当を作って食べ比べしてみた

オリジナル

image by:遠藤チサト

まずは定番のオリジナル「やきそば弁当」を。恐らく小さい子ども以外の全道民が食べたことがあるのではと思えるほどのソウルフードはコチラです。

しっかりパッケージに「スープ付き」と書いてありますね。付属品は、液体スープ、かやく、中華スープ・ふりかけです。

image by:遠藤チサト

甘めのソースが特徴的。かやくのキャベツもほんのり甘く、全体的に甘めの味が、道民の口にあうように感じます。麺は細めで、インスタントといえどコシがあります。

付属されている中華スープは一般的な中華スープの味なのですが、戻し湯を使うことで独特のまろやかさが加わり。カップ焼きそばタイムを最高の時間に仕上げてくれます。

旨塩

image by:遠藤チサト

続いては、「旨塩」。ソースのイメージが強いやきべん。果たして塩味とは…?オリジナルと違うのは液体ソースとふりかけ。ふりかけはなんとおしゃれに「パセリ」。

ポークの旨味香味野菜魚介の旨味を利かせた、コクのある塩味と紹介されています。

image by:遠藤チサト

見た目もかなりあっさりで、ホントに味がするの?と若干不安に。しかし実際に食べてみると…なにコレ美味しい!

コクはしっかり、深みもある塩気がなんとも上品な味わい。旨塩とネーミングされているだけに、旨味を堪能できる仕上がりに。

オリジナルよりはあっさりしているので、付属スープはお湯少なめで濃いめに作っておくとバランスが良さそうです。


ちょい辛

image by:遠藤チサト

特製スパイス入りでクセになる「ちょい辛」。特製スパイスの辛さとは果たして…?期待が高まりますね。

オリジナルと違うは、液体ソース、ふりかけ、スープ。ふりかけは「香辛料」となっており、中身を詳しくは明かしていません。また、付属のスープは「コンソメ」です。

image by:遠藤チサト

ソースベースで、スパイシーな味わいが広がります。辛いといえば唐辛子系の味をイメージしがちですが、どうやらふりかけの中身は胡椒がメインのようで、辛いというよりスパイシーという表現が適当な味わいです。

確かにこれはスパイスの辛さであると納得できる味でした。コンソメスープが中華スープよりもまろやかなので、ちょい辛味とも好相性です。

いま読まれてます
これぞ北海道民のソウルフード。「やきそば弁当」ガチ食べ比べ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます