旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

無料で、試食も楽しめる。行ってみたい関東の「工場見学」TOP10

ニッポン津々浦々
ニッポン津々浦々
2020/01/07

なかなか見ることのできない製造の裏側を見れたり、つくりたての商品を試食できたりと、工場見学は子どもはもちろん、大人も楽しめるお出かけ先のひとつではないでしょうか。

この度、リクルートライフスタイルの旅行情報誌「じゃらん」が、工場見学に関するアンケートを実施。今回はそのなかから、関東エリアで人気を集める工場見学をランキング形式でご紹介します。

第10位 めんたいパーク大洗/茨城県大洗町

image by:PR TIMES

明太子の老舗かねふくが運営する、明太子のテーマパーク「めんたいパーク大洗」が第10位にランクイン。1日に約5トンの明太子を生産する工場を無料で見学することができます。

明太子の原料スケトウダラの生態や明太子の歴史がわかるギャラリー、明太子の試食コーナー、明太子おにぎりや明太子ソフトクリームが味わえるフードコート、直売店など明太子づくし。個人見学なら予約なしで入れますよ。

第9位 JAL工場見学~SKY MUSEUM~/東京都大田区

image by:Jirat Teparaksa / Shutterstock.com

第9位には「JAL工場見学~SKY MUSEUM~」が選ばれました。メニューは航空教室見学、展示エリア見学、格納庫見学の3つです。

展示エリアではJALの飛行機をらせん状に展示したモデルプレーンタワーを見れたり、JALスタッフの制服を着ての記念撮影ができます。航空機の座席に座ることも可能ですよ。

格納庫見学ではフロアに降りて、本物の航空機や整備士の仕事を間近に見れるのも魅力のひとつ。見学は無料ですが予約制となっています。

第8位 サッポロビール 千葉工場/千葉県船橋市

image by:PR TIMES

サッポロビール 千葉工場」が第8位にランクイン。有料で「黒ラベルツアー」と「SHIRASE5002&黒ラベル コラボレーションツアー」を提供しています。

黒ラベルツアーは原料の紹介から黒ラベルの試飲まで、SHIRASE5002ツアーは3代目の南極観測船「SHIRASE5002」の船内見学と黒ラベルツアーのセットです。どちらのツアーも予約制となっています。


いま読まれてます

本業は某百貨店などのグルメ系イベント企画。日本全国をめぐりすぎて詳しくなってしまったため、紙・Webなど幅広くグルメ・旅行ライターをやっています。

無料で、試食も楽しめる。行ってみたい関東の「工場見学」TOP10
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます