旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

正直、負けたわ!アメリカ人が驚いた、日本の美味すぎるファストフード

寝子
寝子
2019/10/19

種類豊富な「すき家」についつい通ってしまう!

全国でチェーン店も展開されている「牛丼」は、日本のソウルフードといっても過言ではありません。古くは明治時代に誕生したといわれており、当時は「牛めし」と呼ばれていたのだとか。そんな牛丼に、あるアメリカ出身の方は衝撃を受けたそうです。

image by:StreetVJ / Shutterstock.com

日本のファストフードのなかでびっくりしたのは、やっぱり牛丼ですね。吉野家、松屋、すき家とか街にはたくさんのチェーン店があるけど、どこのお店でも300円代でご飯を食べられることにビックリ。

しかも大盛りでも500円以下!注文してからすぐ提供されるし、味も美味しいし。牛丼は本当にすごい食べ物ですね。(アメリカ出身/30代・男性)

「牛丼」並盛350円(税込)image by:編集部

どのチェーン店も好きだけど、なかでも「すき家」によく行きます。牛丼の種類がたくさんあるので選ぶのも楽しいし、トッピングもできるので好みにアレンジできるのもいいですよね。

あとチーズがかかった「チーズ牛丼」と、ネギがたっぷりのっている「ネギ玉牛丼」をよく食べます。

チーズ牛丼は3種類ものチーズがたっぷりかかっているので、チーズ好きにはたまりません。タバスコをかけて食べるんですけど、それがアクセントになってめちゃめちゃ美味しい。ワンコインで食べることができるのも嬉しいです。(アメリカ出身/30代・男性)

「とろ〜り3種のチーズ牛丼」並盛500円(税込)image by:編集部

日本人の友人が「ネギ玉牛丼」を食べていて、最初は「え…生卵食べてる」ってびっくりしました。でも一口食べてみるとピリ辛だけど卵がまろやかでクセになりました。

基本の食べ方は黄身だけをのせるみたいですけど、僕はまろやかになるので白身も一緒にのせるのが好きですね!(アメリカ出身/30代・男性)

「ねぎ玉牛丼」並盛480円(税込)image by:編集部

アメリカは日本に比べて食費がかかる国。たとえばファストフードでおなじみのハンバーガーショップでも、お店によっては5〜10ドル(約500円〜約1000円)はするので、日本の牛丼のように「安い」「早い」「うまい」の三拍子が揃うような店はなかなかないそうです。


さらにチップもかかるとなれば、日本の外食がかなりリーズナブルであることがわかりますね。

アニメ・漫画・2.5次元・アイドルが趣味のライター寝子。ライター転身前はアパレル販売員やパタンナーアシスタントを経験。持ち前の探求心で旅行情報や国内外の幅広い話題を追求していきます。

正直、負けたわ!アメリカ人が驚いた、日本の美味すぎるファストフード
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
株式会社和心 手ぶらで行って着物でぶらり。浅草散歩を「旅」にする着付け体験