旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

ハワイで一番ディープ&ピース。溶岩と生きる楽園プナの不思議な魅力

小林繭
小林繭
2019/11/21

私たち日本人に不動の人気を誇る、旅のディスティネーションといえばハワイです。まわりを見回すと「ハワイ好き」はもちろん、自他共に認める「ハワイマニア」の顔が浮かびます。

そんなハワイですが、なぜだか日本においてはハワイ=オアフ島という図式になっているのが気になるところ。

いやいや、ハワイはオアフだけではありません。ほかにもいつくもの島があり、それぞれにとってもハワイ的な魅力にあふれています。せっかくお隣の国という恵まれた立地に位置するのですから、ぜひともハワイの素晴らしさを余すところなく知ってほしいもの。

ということで、今回はハワイ諸島のなかで一番新しく一番大きな島、“ビックアイランド”の名で親しまれるハワイ島のちょっとディープなエリアについてお話ししたいと思います。

ハワイ島のなかで最も新しい土地、「プナ」エリアとは

ハワイ島の西海岸にはこんな白砂ビーチが広がる image by:小林繭

ハワイといえば南の島のイメージ、真っ白な砂浜とココナッツツリーを思い浮かべる人が多いかもしれませんが、実はその風景は、もっとずっと奥深くバラエティに富んでいることをご存じでしょうか。

特に世界にある17の気候区分のうち、なんと15があるとされるハワイ島の景色のレンジの広さは、まさにミラクルです。

ハワイのグリーンサンドビーチ image by:Shutterstock.com

ホワイトサンドビーチはもちろん、ブラックサンドにグリーンサンドのビーチ、緑に濡れる渓谷やハイジが駆け出してきそうな高原の風景、さらに高温で砂漠のように乾燥している地域もあれば、高山では雪も降ります。

豪快に育ちエネルギーあふれるプナの自然 image by:小林繭

そんなハワイ島において東部のヒロよりさらに南の東海岸からキラウエアがあるハワイ火山国立公園をも含む一帯のエリアがプナ

キラウエア観光以外では日本のガイドブックではまず紹介されることがありませんが、いまこの瞬間も地表深くエネルギーがうごめく、ハワイのなかでもっともエネルギーに満ちあふれるエリアです。


大きく生い茂る木々の緑に彩られたプナの道は実にフォトジェニック image by:小林繭
プナの植物たちはみな巨大サイズ image by:小林繭

この地球のとてつもないエネルギーに惹かれてやって来た人々を魅了するのは、巨大に葉を広げた植物たちが蔓を伸ばし複雑に絡み合う熱帯雨林のジャングルの森。

ハワイのイメージをくつがえすような実にワイルドな風景と出会えるのがプナで、その圧倒的な自然や大地のエネルギーは受けとる人によって白砂のビーチよりもはるかに“楽園”を感じる風景であるのも事実です。

小林繭

東京生まれ、湘南生息中のフリー編集ライター。沖縄、ハワイ、島、旅モノやロハスネタを発信中。All About沖縄ガイド。目下、踊れる編集ライター目指し趣味のフラメンコに取り組む日々。

ハワイで一番ディープ&ピース。溶岩と生きる楽園プナの不思議な魅力
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
株式会社和心 和装が一番映える街、金沢。着物レンタルでカップル旅を格上げ