旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

コスパ最高すぎ。一泊1,680円〜、全国のちょっと変わった「泊まれる○○」

赤池リカ
赤池リカ
2019/10/23

島ごとアートに触れる「泊まれる美術館」/香川県

150505_Benesse_House_Museum_Naoshima_Kagawa_pref_Japan02b3s10
663highland [CC BY-SA 3.0], via Wikimedia Commons

1992年にオープンした泊まれる美術館「ベネッセハウス」。オープン以来、国内だけでなく世界からの多くの旅行者が訪れています。

日本を代表する建築家の安藤忠雄氏が設計したことでも有名な「ミュージアム」は、美術館の中に設けられた「作品に一番近い」ホテルです。

image by:ChunChang Wu / Shutterstock.com

客室は4タイプに分かれており、絵画や版画などの芸術作品が展示されています。室内にいても自然を感じられるよう、建物は外に向かって大きく開かれた構造が特徴的。

image by:ChunChang Wu / Shutterstock.com

ミュージアムには、アンディ・ウォーホルやキース・へリングといった海外の有名アーティストの作品から、国吉康雄氏、柳幸典氏まで、現代アートを代表する芸術家の作品が展示されています。

image by:ChunChang Wu / Shutterstock.com

施設内にはレストランが併設されており、瀬戸内海が見渡させるバツグンの眺め。また、こちらに宿泊すると毎日開催されている宿泊者限定のアートツアーにも参加できます。

663highland [CC BY-SA 3.0], via Wikimedia Commons

ミュージアム以外にも、小高い丘に建てられた6室のみの「オーバル」や海辺に近いスイートタイプの「ビーチ」などの宿泊施設があります。

大学時代にドイツへ1年間留学。卒業後は旅行・グルメ・恋愛系のライターとして活動中。大好きなハンバーガーとビールのために、休日はボルダリングとヨガで汗を流す。

コスパ最高すぎ。一泊1,680円〜、全国のちょっと変わった「泊まれる○○」
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
株式会社和心 手ぶらで行って着物でぶらり。浅草散歩を「旅」にする着付け体験