旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

コスパ最高すぎ。一泊1,680円〜、全国のちょっと変わった「泊まれる○○」

赤池リカ
赤池リカ
2019/10/23

ビジネスホテルやカプセルホテル、民泊など、全国にはさまざまな宿泊施設があります。最近ではホテルとは違う、「泊まれる本屋」のようにコンセプトのある宿泊施設が増えてきました。

なかには一般的なホテルよりかなりお得な、1泊1,680円から泊まれるコスパの良い宿泊施設もあるんです。 そこで今回は全国にあるちょっと変わった個性的な「泊まれる◯◯」をご紹介していきます。

本と寝落ちできる「泊まれる本屋(R)」/東京都など

image by:(C)BOOK AND BED TOKYO

泊まれる本屋(R)がコンセプトの「BOOK AND BED TOKYO」は、2015年に東京・池袋に1号店がオープン。その後、京都・祇園にも2号店をオープンし、現在では大阪や福岡にも展開しています。

image by:(C)BOOK AND BED TOKYO

読書に夢中になっていたら気がつくとそのまま寝落ちしていた…そんな気持ちの良い体験をすることができます。

施設内は本棚の中にベッドが埋め込まれ、まるで本棚の中に眠るような構造に。さらに「SHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERS」が、選んだ幅広いジャンルの本が約3,500冊ほど陳列されているので、好きな本を選びやすいのも特徴のひとつです。

image by:(C)BOOK AND BED TOKYO

お部屋は大きさ別で「STANDARD」「COMPACT」「CAVE」が用意されています。シンプルなお部屋となっていますが、隣との仕切りがあるので、夜中まで読んでいても大丈夫!

家に帰らずとも、そのまま寝ることができるので、最終電車を気にする必要もありません。気兼ねなく夜更かしできるので、読書好きの方にぴったりな宿泊施設なのです。

  • BOOK AND BED TOKYO
  • 東京都豊島区西池袋1-17-7 ルミエールビル7・8階
  • 「COMPACT」プラン1泊3,800円(税抜)
  • チェックイン16:00〜/チェックアウト〜11:00
  • BOOK AND BED TOKYO 公式サイト
  • ※土日祝前日などは変動あり

大学時代にドイツへ1年間留学。卒業後は旅行・グルメ・恋愛系のライターとして活動中。大好きなハンバーガーとビールのために、休日はボルダリングとヨガで汗を流す。

コスパ最高すぎ。一泊1,680円〜、全国のちょっと変わった「泊まれる○○」
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
株式会社和心 手ぶらで行って着物でぶらり。浅草散歩を「旅」にする着付け体験