旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

コスパ最高すぎ。一泊1,680円〜、全国のちょっと変わった「泊まれる○○」

赤池リカ
赤池リカ
2019/10/23

わびさびを感じる「泊まれる茶室」/東京都

image by:PR TIMES

「泊まれる茶室」をコンセプトにした、新しい茶室型カプセルホテル「hotel zen tokyo(ホテル・ゼン・トーキョー)」が2019年4月にオープンしました。

image by:PR TIMES

都会の喧騒のなかで静ひつを感じられる同ホテル。素泊まりメインのカプセルホテルでありながらもベッドにシモンズ・ベッドを取り入れ、日本画が飾られるなど、快適で上質な「和」を体験することができます。

image by:PR TIMES

全部で7フロアあるホテル館内には、ベッドサイズや部屋の広さに応じて5種類の客室を用意。カプセルホテルならではのミニマムさを感じさせない、贅沢な空間となっています。

image by:PR TIMES

またホテル館内には合計300平方メートルの広々とした共用施設も併設しています。旅行者だけでなくビジネスマンが仕事に使えるワークラウンジも完備されているので、ビジネスシーンでの利用にもぴったり。

image by:PR TIMES

さらにソムリエが厳選した日本酒や日本産のリキュールを使ったカクテルを楽しめるバーも併設されています。寝るだけでなく、お部屋以外での時間も存分にくつろげる空間となっています。

  • hotel zen tokyo(ホテル・ゼン・トーキョー)
  • 東京都中央区日本橋人形町1-5-8
  • 「男女共用フロアfuji」4,200円(税込)〜
  • チェックイン16:00〜/チェックアウト〜10:00
  • hotel zen tokyo 公式サイト

大学時代にドイツへ1年間留学。卒業後は旅行・グルメ・恋愛系のライターとして活動中。大好きなハンバーガーとビールのために、休日はボルダリングとヨガで汗を流す。

コスパ最高すぎ。一泊1,680円〜、全国のちょっと変わった「泊まれる○○」
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
株式会社和心 手ぶらで行って着物でぶらり。浅草散歩を「旅」にする着付け体験