旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

そろそろバンコク離れてみない?上級者向け穴場スポット「バンセン」

地元民が集まる「アンシラ市場」

次は、海岸から少し離れた場所にある、漁港近くの市場を紹介します。

 

この市場は、漁船が停泊する桟橋のつけ根にあります。

image by:大空しゅん

広い駐車場も併設されていますので、利用しやすい市場です。

image by:大空しゅん
image by:大空しゅん

広い敷地に建物は建てられていますし、街中の市場と違い、通路も広く、ゆったりと商品を見ることができます。ここも、海外からの観光客の姿は、ほとんど見かけません。

image by:大空しゅん
image by:大空しゅん
image by:大空しゅん
image by:大空しゅん
image by:大空しゅん

私は、この市場に来ると、スルメ烏賊を物色するのです。

image by:大空しゅん
image by:大空しゅん

数はすごく多いです。ただし、北海道で買うスルメイカとは大きく異なり、小さいんです。しかし、少し大きめが無いことはないのです。探さなければなりませんので、歩いて回ります。


image by:大空しゅん
image by:大空しゅん

ここには、カキも売っていました。

image by:大空しゅん

干しエビも好きなのですが、タイの場合はカリカリになるまでは干しません。その一歩手前の状態で、売りに出されます。したがって、マヨネーズをつけて食べると、なんとか噛み切れる柔らかさが残っているんです。これも、お酒のつまみに最高なんです。

image by:大空しゅん

なんとか、見つけることができました。

さて!桟橋方面へ行ってみましょう。

image by:大空しゅん

この建物は、桟橋の脇に建てられています。こんな細い木で大丈夫か不安になってしまいます。

image by:大空しゅん

これが、桟橋に入ってすぐの場所の様子です。ここにも出店が出ているんです。

image by:大空しゅん
image by:大空しゅん

ここの出店は、ほとんどが鮮魚類です。エビ、イカ、貝類などいろいろ。

image by:大空しゅん

この桟橋の店も、見応えがあります。

image by:大空しゅん
image by:大空しゅん
image by:大空しゅん

そして、店がなくなると、漁船が停泊している場所となります。

タイの旅もいろいろとありますが、観光客で賑わっていない場所にも行ってみてはいかがでしょうか。素のタイを味わえますよ。

では。では。

そろそろバンコク離れてみない?上級者向け穴場スポット「バンセン」
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
株式会社和心 和装が一番映える街、金沢。着物レンタルでカップル旅を格上げ