旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

そろそろバンコク離れてみない?上級者向け穴場スポット「バンセン」

タイ・バンコクの東側にある「チョンブリー県」。そこにはリゾート地としても知られる「パタヤ」や、いまや日本人も多く住む「シラチャー」も含まれます。工業団地も多く、タイでは主要な港である「レムチャバン港」もあります。

そんなチョンブリー県には、タイ人で賑わう海岸や市場がある「バンセン」という街があります。私は初めて訪れた際、タイ人に連れられていったのですが、海外からの観光客は少なく、個人的には非常に安心できる雰囲気に好感を持ちました。

そこで今回は、海外からの観光客が少ない、穴場スポットともいえるタイ・バンセンの魅力を紹介したいと思います。

ローカル感たっぷり「バンセンビーチ」

バンセンは、近くのパタヤとは大違いでビキニなどは見かけません。売っているものもタイ人向けのもので占められています。

image by:大空しゅん

結構なにぎわいなのです。なんとなく市場を思い出してしまうような雰囲気にも見えます。

image by:大空しゅん

日焼けを好まないタイ人向けの海岸線の景色は、こんなようになってしまいます。面白いですね。

image by:大空しゅん
image by:大空しゅん
image by:大空しゅん

この日は、タイ人と一緒に行きましたので、海岸ではタイ料理を楽しみました。

image by:大空しゅん

売っているものも、高価なものは少ないのです。小銭で買うことができるものもたくさんありました。


image by:大空しゅん

これは、子ども用の遊び道具。

image by:大空しゅん
image by:大空しゅん

カブトガニも売ってましたが、味は想像がつきません。

image by:大空しゅん

このときは、海岸に出ませんでしたが、タイの方はシャツを着て海に入る方が多いんです。日焼けを避けるんですね。これらの写真を見て分かりますように、タイ人向けの海岸は日傘だらけなのです。

そろそろバンコク離れてみない?上級者向け穴場スポット「バンセン」
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます
ついでに読みたい
株式会社和心 和装が一番映える街、金沢。着物レンタルでカップル旅を格上げ