旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

小銭で買い物をするのはNG?海外では通用しない日本の常識

Array
2019/12/14

100ドル札での支払いも注意が必要?

image by:Shutterstock.com

小銭の支払いもそうですが、逆に大きな額を支払う際にも注意が必要。カナダで最も大きな額の紙幣である100ドル札は、お店によっては使用を拒否される可能性があるのです。

日本人は普段から1万円を持ち歩いて、買い物の際には崩して使うのに慣れているかもしれませんが、一般的にカナダでは100ドル札を持ち歩く文化が浸透していないそうです。

というのも、カナダは「キャッシュレス化」が非常に進んでいるため、大金を持ち歩く習慣があまりありません。そのため、ちょっとした支払いの際に100ドル札を使うと「偽札」と疑われ受け取ってくれないこともあるのだとか。

ここ数年キャッシュレス化が進んだ日本ですが、まだまだ現金に頼っている日本人にとってみたらギャップを感じる文化かもしれませんね。

お金の支払方にも、国によって様々な文化があります。

最近は海外旅行でもクレジットカードを使う人が多くなり、あまり意識しなくなったかもしれませんが、異国の地でのお金トラブルはなるべくなら避けたいところ。渡航前にはあらかじめ、その国の支払い方やチップの文化などを調べしておいたほうが良いかもしれませんね。

いま読まれてます

大学時代にドイツへ1年間留学。卒業後は旅行・グルメ・恋愛系のライターとして活動中。大好きなハンバーガーとビールのために、休日はボルダリングとヨガで汗を流す。

お問い合わせ・お仕事のご依頼はこちら

小銭で買い物をするのはNG?海外では通用しない日本の常識
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます