旅も人生も、もっと楽しく編集できる。

食べ物を残さずに完食するのはNG?海外では通用しない日本の常識

赤池リカ
赤池リカ
2020/02/14

日本では当たり前の「割り勘」は中国ではない?

image by:Shutterstock.com

また、中国には「割り勘」という考え方が一般的ではなく、奢るか奢られるかの2択

一般的には誘ったほうが奢るという考えが基本なので、中国で誰かを食事に誘う際は自分が払うことを念頭に置いておくといいでしょう。

ただし、毎回どちらか決まった人が払うという意味ではなく「今回は奢ってもらったから、次どこかに行くときには私が払う」といったような形でサイクルしていくのだそう。

もしも中国に行った際、この文化を知らず「平等に割り勘にしよう」などといってしまうと「ケチなやつだな」と思われてしまうかもしれないので注意してくださいね。

相手の国の文化を知らないと、自分が良かれと思ってやったことが、不快感を与える結果になってしまうこともあります。

「郷に入れば郷に従え」という言葉があるように、その土地の文化に対してリスペクトを抱いて行動することは非常に重要です。旅行の際は必ずある食事のシーンですから、最低限のマナーや文化は調べておいた方が良さそうですね。

  • image by:Shutterstock.com
  • ※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。
いま読まれてます

大学時代にドイツへ1年間留学。卒業後は旅行・グルメ・恋愛系のライターとして活動中。大好きなハンバーガーとビールのために、休日はボルダリングとヨガで汗を流す。

食べ物を残さずに完食するのはNG?海外では通用しない日本の常識
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
TRiP EDiTORの最新情報をお届け
TRiPEDiTORオフィシャルメルマガ登録
TRiP EDiTORの最新記事が水・土で届きます